RSS

    タグ:赤ちゃん

    a

     信濃川を上って来たサケから採卵し、人工授精した卵からふ化したサケが、新潟市中央区のマリンピア日本海の信濃川水槽で展示されている=写真=。

     5日にふ化したばかりの約200匹のサケを展示。体長は2センチほどで、腹部についた袋にある、卵黄から栄養を吸収して成長する。2カ月ほどで泳ぎ始め動物プランクトンなどのエサを食べるようになるという。

     サケの飼育を担当している田村広野さん(45)は「サケは新潟になじみの深い魚。成長を間近で見てほしい」と呼び掛けている。家族で訪れた燕市の主婦(31)は「ふ化したばかりのサケは初めて見た。小さいですね」と驚いていた。展示は2月末ぐらいまでの予定。


    引用 新潟日報


    @管理人ひとこと

    マリンピア日本海の信濃川水槽で、人工授精してふ化した鮭の赤ちゃんが展示されています。

     信濃川を上ってきた鮭を人工授精して、ふ化した鮭を水槽に展示しているそうで、約200匹の鮭の赤ちゃんが居るそうです。体長も2cmと小さいです。腹部についた袋にある、卵黄から栄養を吸収して成長するそうですが、昔学校の教科書で見たことあります。2カ月ほどでプランクトンを食べるまでに成長します。とても管理人は懐かしい感じです。理科でならったような。

    展示は2月末ぐらいまでなので、もしよかったら見てくださいね。もしかしたら学校で習った、映像や教科書で見たことある鮭が居るかもしれませんね。

    a

    新潟市のマリンピア日本海に4年ぶりのゴマフアザラシの赤ちゃんが誕生しました。
      21日生まれたゴマフアザラシの赤ちゃん。体重9.1キロで元気に生まれ、1日1キロのペースで大きくなっていて6年ほどで体重100キロ程になるそうです。
     マリンピアでゴマフアザラシの赤ちゃんが生まれたのは4年ぶり。しかし、4年前は5日後に死んでしまいました。
    待望の赤ちゃんアザラシは早くも水族館のアイドルです。
     赤ちゃんアザラシの様子を見た親子は「可愛かった」「娘の小さい頃を思い出します。守ってあげたくなりますね」と目を細めていました。
    性別はまだわからないということですが名前の公募も検討されています。

    引用 BSN

    @管理人ひとこと
    マリンピア日本海に,4年ぶりのゴマフアザラシの赤ちゃんが誕生したそうです。
     21日生まれ、体重9.1kgの元気な赤ちゃんで、毎日1kgづつ増えているそうです。6年で100kgになるそうですが、赤ちゃんの頃は食べた分だけ体重が増えているのかなと思います。
     アザラシの赤ちゃんは警戒心が強く、飼育員の方もなかなか近づけないようです。性別もまだわからないみたいです。そのうち警戒も解ける時が来ると思います。授乳期間が終わった後、黒い毛へと生え変わるそうなので、この状態のアザラシは今しか見れないそうです。見たい方はマリンピア日本海へ急いだほうがいいですね。
    マリンピア日本海では、このアザラシの赤ちゃんの名前を公募しているそうなので、名づけ親になってみてはいかがでしょうか?(アザラシの赤ちゃんはかわいいですね。大人もかわいいですけど。)


    a

    ゴマフアザラシ@wiki
     ゴマフアザラシ(胡麻斑海豹、学名:Phoca largha)はアザラシ科ゴマフアザラシ属に属する海棲哺乳類。アザラシとしては中型。日本の水族館や動物園で最も多く飼育されているアザラシである。
    体長はオスで170cm前後、メスで160cm前後。体重は70-130kgほどになる。

    a

    新潟市水族館「マリンピア日本海」(同市中央区西船見町)のトドに赤ちゃんが生まれ、2日、報道陣に公開された。赤ちゃんの誕生で、同水族館のトドは6頭となった。一般公開は、半年後となる見通し。
     公開されたのは、雄のタケ(推定22歳)と雌のナーシー(20歳)との間に先月30日に生まれた雌で、 体重約15キロ、体長約90センチ。2頭に子どもが生まれたのは3年ぶり4頭目。赤ちゃんはまだへその緒が付いたままだが、「クァー」と声を上げて、ナー シーに寄り添ったり、乳をねだったりしていた。
     出産に立ち会った飼育員の井村洋之さん(47)は「生まれるとすぐに力強く産声を上げ、乳を飲んでいた。ナーシーは子育て経験が豊富なママさんなので安心しているが、大きく育ってほしい」と話した。自力で魚を食べられるようになる頃に一般公開する予定だ。
    名前は今後検討するという。
     同水族館を訪れていた同市立荻川小5年の大橋優真君(10)は「早く赤ちゃんの元気な様子を見たい」と話していた。【山本愛】

    引用 毎日新聞


    【新潟市水族館 トドの赤ちゃん:ママに寄り添い、乳ねだる】の続きを読む

    a

    マゼランペンギンの飼育数で日本一を誇る立水族博物館で12日、ひな1羽が公開された。今年は5月6日から孵化(ふか)が始まり、10羽のひなが育っている。

     公開されたのは10羽目のひなで、5月31日に生まれ、巣箱で親鳥に育てられている。誕生時約80グラムだった体重は720グラムに増え、体長は 約23センチに。ふわふわのこげ茶の産毛は、2~3カ月で水をはじく黒い羽に生え替わる。ひなたちは7月上旬ごろから泳ぎ始めるという。

     同館のマゼランペンギンは計116羽になり、さらに4個が抱卵中だ。飼育担当の篠原里美さん(23)は「卵からかえった瞬間がうれしい。成長が楽しみ」と話していた。

    引用 朝日新聞 【産毛ふわふわ、マゼランペンギンのひな公開 上越市立水族博物館】の続きを読む

    このページのトップヘ

    新潟県釣り情報
    アクセスランキング