RSS

    タグ:糸魚川

    1: 番組の途中ですが名無しです ◆GEMkLJbZ/. (ワッチョイ b4ac-gZYS) 投稿日:2015/11/22(日) 00:06:27.64 ID:4br4Kdmx0.n
    新潟・糸魚川市でサケのつかみどり大会 子どもから大人まで参加 11/21 22:26

    a

     新潟・糸魚川市で、サケのつかみどり大会が開かれた。
     女性は「すごく楽しかったです。来年もあれば、来たいと思いました」と話した。
      
     この催しは、サケが能生川を遡上する、11月に毎年開かれていて、捕ったたサケを1匹だけ持ち帰ることができる。

     子どもから大人まで、大勢が参加し、五郎丸選手よろしく、腰を落としてサケを捕まえていた。
     この催しは、22日も開催される。 (新潟総合テレビ)

    リンク先に動画アリます
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00309097.html


    【【掴み取り】 新潟で鮭の掴み取り大会開催 かなり大きい鮭を手掴みで捕獲】の続きを読む

    a

    県立海洋高校(糸魚川市)の実習船「海洋丸」(299トン)による体験航海が2、3日、新潟市と糸魚川市であり、計96人がそれぞれ佐渡や親不知までの約4時間のクルージングを楽しんだ。
     新潟と福井、石川、富山の北陸4県で、水産海洋教育の単科高校は同高だけ。昨年からPRを兼ねて実施したところ、募集定員を上回る人気となっている。
     3日は48人の親子連れを乗せて、糸魚川市の能生漁港を出港。生徒が過ごす船室の見学や操船を体験したり、カニかごなどの漁具の説明があった。
     航海実習中にマグロやカジキを水揚げした様子やジンベイザメの姿を収めた写真も子どもたちの興味を引いていた。
     今回、昼食には航海中、実際に生徒や船員に提供されるカレーライスが振る舞われ、好評だった。【浅見茂晴】

    引用 毎日新聞

    @管理人ひとこと  
    県立海洋高校の実習船での体験航海が実施されたようです。親子で実習船に乗って、航海が体験できるのは、とても楽しそうですね。あと、北陸4県で水産海洋教育の単科高校は海洋高校しかないのは初めて知りました。新潟県立海洋高等学校 実習船 海洋丸のホームページを掲載しますので、興味のある方はぜひ見てください。

    a
     

    新潟県糸魚川市は30日、同市小滝で新種のサンゴの化石が発見されたと発表した。県内では最古級の約4億年前のものとみられ、発見したヒスイ加工販売業の伊藤加奈子さんの名前が付けられた。研究成果は新潟大学の研究報告に掲載された。フォッサマグナミュージアムで展示されている。

     化石を含む岩板は1994年に同ミュージアムの開館時に伊藤さんによって持ち込まれた。サンゴの化石が含まれていることが分かり2年前、広島大学の児子(にこ)修司助教に調査を依頼していた。

     その結果、7種類のサンゴの化石が 確認され、うち一つが新種で、約4億年前のデボン紀の原始的なサンゴ「タムノポーラ」の仲間と判明、骨格の大きさが違うことから新種とされた。竹を束ねた ような構造をしており、直径は約1センチ。発見されたのは体の一部で、長さなどは不明。「タムノポーラ イトウアエ」と命名された。「アエ」は女性を指す という。研究の成果は、3月に発行された新潟大学の「サイエンス・レポート・オブ・ニイガタユニバーシティー」(英文)に掲載された。

     同市では2009年にも同時期のサンゴが小滝から出土した。また、この化石が発見された地層は長野県小谷村から連なる2億年前の「来馬(くるま)層群」と呼ばれる小石が固まってできた地層で、その中から4億年前の化石が見つかるのは初めてという。【浅見茂晴】


    引用 毎日新聞


    @管理人ひとこと

    サンゴは南の島のイメージが強いですね。まさかこの新潟県で発見されるとは思いませんね。サンゴって、南のあったかい海ではなく、冷たい日本海にも居るのでしょうか?4億年も昔のことですし、ロマンがありますね。

    このページのトップヘ

    新潟県釣り情報
    アクセスランキング