RSS

    タグ:混入

    a

    長岡市に続いて、新潟市でも9日、スーパーで販売された「豆あじ」のパックにフグが混入していたことが分かった。
     フグが混入していたのは、新潟市中央区信濃町の「ウオロク信濃店」で販売された「新潟県産豆あじ」だ。新潟市によると、9日夕方、購入した客から店に対し、「フグが1匹混入していた」と連絡があり、店が写真で確認したところ、フグの幼魚の可能性があることが分かった。
     店では、消費期限が10日付けの同じ豆あじのパックは、県内24店舗で合わせて471パック販売しているということで、購入した人には食べないよう呼びかけている。
     豆あじにフグが混入する事案は、今月2日、長岡市のスーパーでも見つかっている。

    引用 テレビ新潟

    @管理人ひとこと
    豆アジの中にフグが混入していたニュースの追記です。長岡以外で新潟市でフグの幼魚が混じっていたようです。今度は富山県産ではなく、新潟県産の豆アジだそうです。魚の出荷についてよくわかりませんが、結構あることなのでしょうか?選別する際に見分けがつきにくいかもしれませんが、消費者としてはやっぱり安心して買い物をしたいですよね。下記に小さいフグの毒についてのサイトを貼って起きます。参考にして下さい。

    にいがた 食の安全インフォメーション > フグの毒について
    http://www.fureaikan.net/syokuinfo/01consumer/con11/con11_03.html

    a

    県は7日、長岡市滝の下町の原信栃尾店が2日に販売した豆アジのパックの中に、未処理のフグが誤って混入した可能性があると発表した。県は同店で対象商品を購入した人に対し、安全確認のため、近くの保健所に連絡するよう呼び掛けている。
     県によると、商品を購入した人が栃尾店に対し「フグが1匹交じっていた」と5日に通報。同店で確認したところ、全長約5センチのフグと判明した。県には7日に報告があった。
     県は、豆アジを小分けする際に十分に点検していなかったとみており、既に販売された他の10パックにもフグが混入している可能性があるとしている。

    フグ混入の可能性、原信24店舗に

    原信栃尾店で販売した豆アジのパックに未処理のフグが混入した可能性がある問題で、県は8日、栃尾店のほか原信23店舗で売られた豆アジにもフグが交じった可能性があると発表した。県は栃尾店を含め24店舗で販売された豆アジを食べないよう呼び掛けている。
     県によると、商品は「富山県産 豆あじ」で、2~4日に24店舗で計297パックが販売された。消費期限は4~6日。原信を運営するアクシアルリテイリングは商品の回収を進めている。問い合わせは同社お客様相談室、0120―811―655。
     栃尾店以外の販売店は次の通り。
    内野、吉田、十日町、宮内、西小千谷、今朝白、五泉、小出東、新津、関屋、水原、豊栄、河渡、白根、新通、古正寺、十日町北、新保、紫竹山、六日町、塩沢、見附、南万代

    引用 新潟日報

    @管理人ひとこと
    二つのニュースを掲載しました。スーパー原信の富山県産豆アジにフグが混じっていたようです。豆アジの中にフグ。魚釣りをしている方や魚を料理される方はわかりますが・・・魚の知識がないとこの混入は怖いですね。食べてしまったら大変ですよね。画像のフグの種類まではわかりませんでした。下記に厚生労働省のフグの毒についてのサイトを見つけましたので貼っておきます。

    厚生労働省 
    自然毒のリスクプロファイル:魚類:フグ毒
    http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/poison/animal_01.html

    このページのトップヘ

    新潟県釣り情報
    アクセスランキング