RSS

    タグ:新潟県内釣り情報

    a

    <釣り情報・村上・岩船>1月8日

     鵜泊、脇川、桑川で15~20センチのカサゴが釣れる。20~25センチのサヨリは桑川、岩船港で狙える。鵜泊、寝屋周辺で25センチ前後のアイナメが上がる。

    <釣り情報・新潟市北区・聖籠など>1月8日

     アジが新潟東港の西側や湾内の各岸壁などで釣れている。ルアー釣りやサビキ釣り で、5~20センチが10~30匹。早朝、夕方、夜がいい。カタクチイワシもよく掛かる。サワラはルアーや餌釣りで40~50センチが多くて3匹。スズキ も交じる。メバルは10~20センチが1~4匹。クロダイは消防署裏や排水口などで20~30センチが1~5匹。釣り方はダンゴ、フカセ、前打ち、夜の探 り釣り。カレイは島見や網代などでの投げ釣りで、20~40センチが1~3匹。

    <釣り情報・新潟市中央区・西区など>1月8日

     各港周辺で20センチ級の中アジが釣れている。釣り方は遠投サビキ釣りで、針の 大きさは6~8号。スズキは新潟西港付近で夜から早朝にかけて狙える。ルアー釣りで、大きめのミノーがいい。ルアーや餌を使った穴釣りでは、アイナメやメ バルなどの根魚も釣れている。今後は投げ釣りでカレイが狙い目。餌は青イソメや本虫がお薦め。

    <釣り情報・寺泊>1月8日

     船釣りは例年なら海水温の低下とともにマダイも深場へ移動するが、ことしは海水 温が高いためか0・4~4・1キロのマダイが船中2~36匹とまだ好調だ。7・7キロのサイズが釣れた船もあった。そのほか、アジ、サバ、サワラも交じ る。年明けからスタートしたヤリイカ釣りは、釣れるポイントが水深120~140メートルと深場で、胴長15~35センチのヤリイカが1~19匹。同サイ ズのスルメイカが3~25匹交じって釣れ始めている。寺泊港周辺は冬型の天候続きで風が強く、港内ではカタクチイワシの反応もなくなってしまった。投げ釣 りでハゼが数匹釣れた程度だった。

    <釣り情報・柏崎>1月8日

     柏崎港周辺では、サビキ釣りでコノシロ、日によって25センチ前後のアジも釣れ ていた。カタクチイワシ、マイワシも交じるときがある。投げ釣りではハゼが釣れる。ルアー釣りはシーバスが好調で、サーフや磯場などで60~70センチ級 がメーンで釣れ、80センチ以上のサイズも釣れた。メタルジグではサワラが釣れていた。クロダイ釣りは探り釣り、なぎさ釣り、ぶっ込み釣りで38~47セ ンチが1~3匹の釣果。船釣りはしけで出船できる日がなかったが、出船できればマダラ、ヤリイカ、青物が狙えるだろう。

    <釣り情報・上越>1月8日

     直江津港周辺では、アジ、サワラが上がる。サビキの垂らし釣りなどで20センチ 前後のアジが計2~20匹。ルアーで40~50センチのサワラが2~10匹釣れる。投げ釣りで20~30センチのカレイが数匹。穴釣りで20センチ前後の メバルやアイナメ、ソイが計2~10匹。タコテンヤでマダコが数匹。オキアミなどを餌に40~50センチのクロダイが数匹。ルアーで40~50センチのス ズキが数匹。船釣りは、水深20~30メートルでアジが5~20匹。30~70メートルでアジ、マダイ、ソイ、ウマヅラハギ、サワラが計2~10匹。 50~100メートルでイナダ、ワラサが狙える。

    <釣り情報・糸魚川>1月8日

     姫川、浦本、小泊の各港で15~20センチのサヨリが50匹前後、7~8センチ のアジが小魚を含め50匹ほど上がる。ヒラメは各港周辺で20~30センチが1~3匹。海岸からも狙える。各港の消波ブロック周辺では壁釣りで、 20~30センチのキジハタ、15センチのカサゴが計5匹前後釣れる。

    <釣り情報・佐渡>1月8日

     クロダイは30~40センチが、七浦で3~4匹、前浜で1~4匹で、メジナも交 じる。ヒラメは内海府、前浜でのルアー、餌釣りで、40~55センチが1、2匹上がる。スズキは国府川、前浜でのルアー釣りで、40~60センチが1、2 匹掛かる。アジは前浜でのルアー、餌釣りで、15~20センチが10~20匹期待できる。中には30センチ以上も掛かる。またアイナメも交じる。メバルは 全島でのルアー、餌釣りで、15~20センチが3~10匹。アイナメも掛かる。ヤリイカは内海府で、胴長30センチが3~8匹狙える。

    引用 新潟日報


    【新潟県内釣り情報 1/8】の続きを読む

    a

    <釣り情報・村上・岩船>12月25日

     鵜泊、脇川で15~20センチ前後のアイナメが釣れている。勝木周辺で15センチ前後のサヨリが3、4匹狙える。岩船港で6~8センチのアジが釣れる。30~40センチのクロダイが馬下で上がる。

    <釣り情報・新潟市北区・聖籠など>12月25日

     新潟東港の西側や第2東堤防などでアジが釣れている。ルアー釣りやサビキ釣りで 5~20センチが20~60匹。カタクチイワシやマイワシも交じる。メバルはルアーや餌釣りで10~20センチが1~4匹。湾内などで40~50センチの サワラが1~5匹。クロダイは消防署裏や排水口などで狙える。20~40センチが1~7匹。釣り方はダンゴ、フカセ、前打ち、夜の探り釣り。アジ、メジナ も交じる。カレイは投げ釣りで20~30センチが1~4匹。

    <釣り情報・新潟市中央区・西区など>12月25日

     新潟西港周辺でシーバスが夜から早朝にかけて釣れている。ルアー釣りで、大きさ は最大90センチ、多くて4匹。メバルやカサゴは波の穏やかな日に釣れている。ワームや小型プラグを使ったルアー釣りで、20センチ前後が約10匹。クロ ダイは関屋、青山、角田などのサーフで狙える。ぶっ込み釣りで45~50センチが1、2匹。餌はユムシ。

    <釣り情報・寺泊>12月25日

     船釣りは冬型の天候が続き、ほとんど出船できなかったが、20日の出船では0・ 4~4・5キロのマダイが船中で2~18匹釣れ、中には9・4キロの超大型マダイが釣れた船もあった。そのほか、アジ、サバ、イナダ、レンコダイなども交 じる。サビキ釣りで15~30センチのアジが5~20匹釣れるほか、1キロ前後のキジハタが1~10匹、クロソイ、メバルなどの根魚も釣れる。寺泊港周辺 は港内でのサビキ釣りで、10~12センチのカタクチイワシが30~100匹以上釣れている。仕掛けはトリック仕掛けやパニック仕掛けの2・5~3号がお 薦め。

    <釣り情報・柏崎>12月25日

     柏崎港周辺では、サビキ釣りでコノシロが釣れる。アジやイワシも交じる時もあ る。投げ釣りではハゼが釣れる。ルアー釣りは柿崎や石地方面で、ミノーで50~70センチのシーバスが釣れ、メタルジグでサワラ、イナダが釣れていた。ク ロダイ釣りは、なぎさ釣り、さぐり釣りなどで35~45センチが1~2匹の釣果。船釣りは、ジギングでワラサが多数。7キロ、8キロサイズも交じって釣れ ていた。

    <釣り情報・上越>12月25日

     直江津港周辺では、アジ、サワラが釣れている。サビキの垂らし釣りで15~20 センチの小アジにコノシロが交じり計2~20匹。ウキを付けた投げサビキ釣りでは25センチ前後のアジが2~5匹。ルアーで40~50センチのイナダとサ ワラが2~10匹上がる。穴釣りで20センチ前後のメバルやアイナメ、ソイが計2~10匹。タコテンヤでマダコが数匹。オキアミなどを餌に40~50セン チのクロダイが数匹。アジの泳がせ釣りではヒラメやキジハタが数匹。ルアーで40~50センチのスズキが数匹。船釣りは、水深20~30メートルでアジが 5~30匹上がった。30~70メートルでアジ、マダイ、ソイ、ウマヅラハギ、キジハタ、サワラが計2~10匹。50~100メートルでイナダ、ワラサが 2~10匹。

    <釣り情報・糸魚川>12月25日

     青海海岸で30センチほどのイナダ、30~40センチのサワラがそれぞれ1~5 匹狙える。親不知、姫川、浦本、小泊の各港では7~8センチのアジが50匹前後。サヨリも15~20センチが50匹ほど上がる。消波ブロック周辺では壁釣 りで20~30センチのキジハタ、15センチのカサゴが計5匹程度期待できる。

    <釣り情報・佐渡>12月25日

     マダイは外海府、七浦での浮き釣りで、40~83センチが1~4匹上がる。クロ ダイは外海府、七浦では、30~50センチが1~8匹、前浜、小木では、30~50センチが1~3匹。メジナ、アジ、イナダも交じる。スズキは国府川、前 浜でのルアー釣りで、40~88センチが1~5匹上がり、イナダ、ワラサも掛かる。アジは前浜でのルアー、餌釣りで、20センチ前後が10~30匹。中に は35センチ前後も交じる。メバルは全島でのルアー、餌釣りで、15~20センチが1~15匹期待できる。アイナメ、アジも掛かる。

    引用 新潟日報


    【新潟県内釣り情報】の続きを読む

    a

    <釣り情報・村上・岩船>12月18日

     岩船港、鵜泊、馬下、脇川で15~30センチのアイナメが釣れている。桑川ではカサゴが掛かる。6~8センチのアジ、20センチ前後のサヨリが寝屋で釣れる。40センチのクロダイが馬下で上がる。

    <釣り情報・新潟市北区・聖籠など>12月18日

     アジが新潟東港の西側や第2東堤防などで釣れている。ルアー釣りやサビキ釣りで 5~20センチが20~60匹。早朝、夕方、夜がおすすめ。カタクチイワシやマイワシも交じる。メバルはルアーや餌釣りで10~20センチが1~4匹。サ ワラは40~50センチが1~5匹。クロダイは消防署裏や網代周辺などで20~40センチが1~7匹。釣り方はダンゴ、フカセ、前打ち、夜の探り釣り。ア ジ、メジナも交じる。

    <釣り情報・新潟市中央区・西区など>12月18日

     新潟西港周辺ではアジが釣れている。遠投サビキ釣りで20~30センチが20匹前後。餌はアミコマセ。早朝がいい。間瀬付近ではサワラが狙える。30グラムのメタルジグを使い、40センチ級が多くて3匹。

    <釣り情報・寺泊>12月18日

     船釣りは天候が不安定で出船できる日が少なく、0・4~3・5キロのマダイが船 中2~18匹と数も減り始めているが、中には5~8・1キロの大型マダイが釣れた船もあった。そのほか、サバ、イナダ、ワラサ、サワラなども交じる。サビ キ釣りでは、15~25センチくらいのアジが10~30匹釣れるほか、釣れたアジや冷凍イワシを餌にして、ヒラメやワラサ、キジハタやクロソイなどの根魚 も釣れる。寺泊港周辺は港内でのサビキ釣りで、朝夕は15センチくらいのコハダが20~50匹。日中は10~13センチのカタクチイワシが50~100匹 以上釣れている。港内での投げ釣りで、青イソメを餌に12~18センチのハゼが2~5匹。消波ブロックやシーサイドラインの砂浜でのルアー釣りで、 45~60センチのサワラが1~5匹釣れたが、群れの回遊次第で釣果が変わる。

    <釣り情報・柏崎>12月18日

     柏崎港周辺付近では、サビキ釣りでコノシロが釣れる。日によってはアジが交じっ て釣れる日もある。投げ釣りではハゼ、カレイが狙える。ルアー釣りは、日によってばらつきはあるが、柿崎方面や石地方面で、メタルジグでサワラ、イナダが 1~10匹。ミノーでシーバスも釣れていた。クロダイ釣りは、探り釣り、なぎさ釣り、ぶっ込み釣りで40~42センチが1、2匹の釣果。船釣りは沖釣りで マダラが3~10匹以上の釣果。ジギングで3~5キロのワラサが多数釣れ、10キロも数匹釣れた。深場ではヤリイカがマイカ交じりで釣れ始めた。

    <釣り情報・上越>12月18日

     直江津港周辺では、サビキの垂らし釣りで15~20センチの小アジにコノシロが 交じり計5~30匹上がる。ウキを付けた投げサビキ釣りでは25センチ前後のアジが2~5匹。穴釣りでメバルやアイナメ、ソイが計2~10匹。タコテンヤ でマダコが数匹。オキアミなどを餌に40~50センチのクロダイが数匹。投げ釣りでキスが2~10匹。アジの泳がせ釣りではヒラメやキジハタが数匹。ル アーでスズキが数匹。イナダとサワラが2~5匹。船釣りは、水深30~70メートルでアジ、マダイ、ソイ、ウマヅラハギ、キジハタ、サワラが計2~10匹 上がる。50~100メートルでイナダ、ワラサ、タイが狙える。

    <釣り情報・糸魚川>12月18日

     親不知、姫川、浦本、小泊の各港で15~20センチのサヨリが50匹前後狙え る。アジは5~8センチが小魚も交じり50~100匹。消波ブロック周辺では20センチのキジハタ、15センチのカサゴが計5匹程度上がる。姫川港周辺と 青海海岸では30~40センチのサワラが5匹前後。スズキは姫川、早川の両河口周辺で60センチ級が1、2匹期待できる。

    <釣り情報・佐渡>12月18日

     マダイは外海府での浮き釣りで、45~81センチが1、2匹掛かる。クロダイは 外海府、七浦、小木での浮き釣りで、25~48センチが1~3匹で、メジナ、アイナメも交じる。スズキはルアー釣りで、前浜では60~95センチが1~3 匹、国府川と加茂湖では40~60センチが1、2匹上がる。アジは前浜でのルアー、餌釣りで、20センチ前後が10~15匹で、中には30~35センチも 交じる。メバルは全島の各港内でのルアー釣りで、15~20センチが5~10匹。アジ、ソイも掛かる。

    引用 新潟日報

    【新潟県内釣り情報 12/18】の続きを読む

    a

    <釣り情報・村上・岩船>12月4日

     15センチ前後のアジが寝屋、桑川、寒川、塩谷で釣れる。50センチ前後のサワ ラが寒川で上がり、35~45センチのイナダが交じることがある。30センチ前後のサヨリが鵜泊で釣れる。45センチ前後のクロダイが鵜泊で釣れる。桑川 で15~20センチのカサゴが4、5匹の釣果。

    <釣り情報・新潟市北区・聖籠など>12月4日

     新潟東港の西側や第2東堤防などでアジが釣れている。ルアー釣りやサビキ釣りで 5~20センチが20~60匹。早朝、夕方、夜がいい。カタクチイワシも交じる。サワラはルアーや餌釣りで40~50センチが1~3匹。メバルは 10~20センチが1~4匹。クロダイは消防署裏や排水口などで20~35センチが1~7匹。釣り方はダンゴ、フカセ、前打ち、夜の探り釣り。アジ、メジ ナも交じる。ハゼは網代や島見などでの投げ釣りで、10~15センチが1~10匹。船の五目釣りは、ルアーや餌釣りで20~60センチのマダイが1~4 匹。

    <釣り情報・新潟市中央区・西区など>12月4日

     巻漁港や各堤防で海が穏やかな日にアジが釣れている。遠投サビキ釣りで20~30センチが10~30匹。餌はアミコマセで、仕掛けは7~9号。海が荒れている日はクロダイが好調だ。青山海岸から小針浜にかけて、ぶっ込み釣りで40~48センチが1~5匹。餌はユムシ。

    <釣り情報・寺泊>12月4日

     船釣りは冬型の天候続きで出船できる日が少なく、出船できても波が高く、マダイ は0・4~2キロが船中1~10匹と数は望めなかったものの、中には4キロや7キロの大型マダイが釣れた船もあった。そのほか、アジ、サバ、イナダ、サワ ラも交じる。寺泊港周辺は、七ツ石海岸や山田海岸で46~51センチのクロダイが釣れた。しけの後で波や濁りが残っていたため、大型クロダイが釣れたと思 われるが、冬場の天候は変わりやすく、急に風が強くなったり、波が高くなったりすることもあるので注意してほしい。港内でのサビキ釣りで朝夕に10~15 センチの小アジが5~20匹、10~12センチのカタクチイワシが30~100匹近く釣れている。10~15センチくらいのコハダが20~30匹釣れる日 もあるが、釣果は日によってムラがある。

    <釣り情報・柏崎>12月4日

     柏崎港周辺では、サビキ釣りでコノシロがよく釣れている。数は少ないが、小ア ジ、中アジが交じるときがある。投げ釣りは、ハゼ、カレイが狙える。クロダイ釣りは、米山方面などでなぎさ釣りで35~48センチが1~3匹。石地方面で 探り釣りやなぎさ釣りで38~52センチが1~3匹以上と釣れた。ルアー釣りは、サーフなどからでシーバスや青物などが狙える。船釣りはしけで出船できな い日が多いが、沖釣りではマダラ、ジギングではワラサ、マダイが今後期待できる。

    <釣り情報・上越>12月4日

     直江津港周辺では、サビキの垂らし釣りで15~20センチの小アジにコノシロ、 シマダイが交じり、計2~10匹上がる。ウキを付けた投げサビキ釣りでは25センチ前後のアジが2~5匹。アカアミを餌に20~25センチのサヨリが 5~30匹。穴釣りでメバルやアイナメなどが2~10匹。タコテンヤでマダコが数匹。オキアミなどを餌にクロダイが数匹。投げ釣りでキスが2~10匹。ア ジの泳がせ釣りではヒラメやキジハタ、マゴチが数匹。ルアーでスズキが数匹。イナダとサワラが計2~5匹。船釣りは、水深30~70メートルでアジ、マダ イ、ソイ、ウマヅラハギ、キジハタが上がる。50~100メートルでイナダ、ワラサが狙える。

    <釣り情報・糸魚川>12月4日

     海が荒れていて港内が中心。親不知、姫川、浦本、小泊の各港で7~8センチの小 アジが50匹前後、15~20センチのサヨリが30~50匹上がる。消波ブロック周辺の壁釣りで15センチのカサゴ、20センチのキジハタが計5匹ほど。 アオリイカは各港で15~20センチが5匹前後釣れる。

    <釣り情報・佐渡>12月4日

     クロダイは七浦、小木、前浜で、25~40センチが1~12匹狙える。マダイ、 アジ、メバル、イナダも交じる。アジは小木、赤泊、前浜でのルアー、サビキ、餌釣りで、25~30センチが20~30匹釣れ、中には40センチ級も。クロ ダイ、サヨリ、イナダも掛かる。メバルは内海府、七浦、前浜、小木で、20センチ前後が5~10匹期待できる。アジ、アイナメも交じる。

    引用 新潟日報


    【新潟県内釣り情報 12/4】の続きを読む

    a

    <釣り情報・村上・岩船>11月27日

     40~50センチのサゴシが寒川、桑川で上がる。30センチ前後のサヨリが鵜泊で釣れる。岩船港、寝屋、脇川で10~18センチのアジが狙える。寝屋で15~20センチのカサゴが5、6匹の釣果。

    <釣り情報・新潟市北区・聖籠など>11月27日

     アジが新潟東港の西側や第2東堤防などで釣れている。ルアー釣りやサビキ釣りで 5~15センチが20~60匹。カタクチイワシも交じる。サワラやイナダはルアーや餌釣りで40~50センチが1~3匹。クロダイは湾内などで20~35 センチが1~4匹。釣り方はダンゴ、フカセ、前打ち、夜の探り釣り。ハゼは網代や島見などでの投げ釣りで、10~15センチが1~10匹釣れている。船の 五目釣りは、ルアーや餌釣りで20~60センチのマダイが1~4匹。アジ、イナダ、サワラ、ワラサも交じる。

    <釣り情報・新潟市中央区・西区など>11月27日

     関屋浜や青山海岸、角田浜などのサーフでクロダイが釣れている。ぶっ込み釣りで 50センチ前後が1、2匹。餌はユムシ。間瀬や日和山付近でサワラが上がっている。メタルジグを使ったルアー釣りで、約50センチが多くて5匹。巻漁港周 辺ではサビキ釣りで約20センチのアジが狙える。

    <釣り情報・寺泊>11月27日

     船釣りは天候や潮の状況によって釣果に差はあるが、0・4~3・7キロのマダイ が船中で8~36匹釣れ、中には4~5キロの良型マダイが釣れた船や、船中40~60匹と数釣りを楽しめた船もあった。そのほか、アジ、ハナダイ、サバ、 イナダ、サワラなども交じる。サビキ釣りで、20~35センチのアジが20~70匹釣れるほか、ハナダイ、サバ、イナダ、サワラ、キジハタ、ヒラメも交じ り、五目釣りが楽しめる。寺泊港周辺は、港内でのサビキ釣りで朝夕まずめ時に10~15センチの小アジが10~30匹釣れる。日中は6~7センチのカタク チイワシが30~100匹以上釣れている。シーサイドラインの獅子ケ鼻や砂浜では、メタルジグを使ったルアー釣りで50~60センチのサワラがいい人で 1~3匹、35~40センチのイナダがいい人で1~2匹釣れた。港内や水族館裏でのタコテンヤ釣りで、頭の大きさがこぶし2~3個分のイソダコがいい人で 1~2匹釣れた。

    <釣り情報・柏崎>11月27日

     柏崎港周辺では日中、サビキ釣りでコノシロ、小アジが釣れる。朝夕まずめ時は中 アジが狙える。西防波堤管理釣り場では、サビキ釣りでアジ、投げ釣りでキスが釣れていた。管理釣り場開放は今月いっぱい。クロダイはぶっ込み釣り、探り釣 り、なぎさ釣りで35~45センチが1~3枚。52センチの大型も釣れた。船釣りは、沖釣りでマダラが5~10匹の釣果。ジギングで3~6キロのワラサが 数匹釣れていた。

    <釣り情報・上越>11月27日

     直江津港周辺では、サビキの垂らし釣りで15~20センチの小アジにコノシロ、 シマダイが交じり、計5~20匹上がる。ウキを付けた投げサビキ釣りでは25センチ前後のアジが2~10匹。アカアミを餌に20~25センチのサヨリが 2~20匹。穴釣りでメバルやアイナメなどが狙える。タコテンヤでマダコが数匹。オキアミなどを餌にクロダイが数匹。投げ釣りでキスが2~10匹。アジの 泳がせ釣りではヒラメやキジハタ、マゴチが数匹。ルアーでスズキが数匹。イナダにサワラが交じり、計2~10匹。船釣りは、水深20~30メートルでアジ やサバが計5~20匹上がる。30~70メートルでアジ、マダイ、ソイ、ウマヅラハギ、キジハタが交じり、計2~10匹。50~100メートルでイナダ、 ワラサが計5~20匹狙える。

    <釣り情報・糸魚川>11月27日

     親不知、姫川、浦本、小泊の各港で15センチ程度のサヨリが50匹前後上がる。小アジは6~7センチが50~100匹。姫川港周辺と大和川海岸では15~20センチのアオリイカが5~10匹釣れる。サワラは青海、大和川の両海岸で30~40センチが5匹前後期待できる。

    <釣り情報・佐渡>11月27日

     クロダイは外海府、七浦、前浜、小木で、30~52センチが1~8匹で、カンダ イ、マダイ、アジ、メジナ、メバル、アイナメ、イナダも掛かる。アジは小木、赤泊、前浜でのサビキ、ルアー、餌釣りで、25センチ前後が10~30匹上が る。中には40センチ級も交じり、イナダも掛かる。サヨリは前浜で、20~25センチが30匹前後期待できる。メバルは内海府、七浦、前浜、小木で、20 センチ前後が10~20匹狙える。アジ、アイナメも交じる。

    引用 新潟日報

    【新潟県内釣り情報 11/27】の続きを読む

    このページのトップヘ

    新潟県釣り情報
    アクセスランキング