RSS

    タグ:新潟県内釣り情報

    a

    <釣り情報・村上・岩船>2月6日

     魚の数が少なく、釣果はあまり期待できない。寝屋港や桑川港で12~25センチのアイナメが4、5匹釣れている。15~20センチのメバルやカサゴは岩船港の穴釣りで4、5匹狙える。イワシは数が減ったが、岩船港などで数匹掛かる。

    <釣り情報・新潟市北区・聖籠など>2月6日

     新潟東港の消防署裏、湾内の各岸壁、各放水路でイワシが釣れている。サビキ釣り で15~20センチが10~20匹。10~15センチのカタクチイワシも交じって釣れている。メバルは西側、消防署裏、湾内の各岸壁、網代などで釣れてい る。ルアーや餌釣りで、10~20センチが1~3匹。クロダイは消防署裏、排水口、湾内、島見などで釣れる。フカセ、前打ち、夜の探り釣りで20~30セ ンチが1、2匹釣れている。西側、第2東堤防、消防署裏、湾内の各岸壁ではミズダコが上がる。テンヤ釣りで5~10キロ級が1~3匹。マダコも交じる。

    <釣り情報・新潟市中央区・西区など>2月6日

     新潟西港周辺でクロダイやメバルが釣れている。クロダイはウキ釣りで餌はオキア ミ。30~40センチがよくて3匹。メバルは夜にルアーで釣れる。ワームや小型のミノー、バイブレーションを使用する。10~16センチが1~3匹程度。 巻漁港などではソイやアイナメが釣れている。穴釣りでブラクリ仕掛けを使用する。餌は青イソメ。10~18センチが1~3匹。

    <釣り情報・寺泊>2月6日

     船釣りは、冬型の天候が続いているため出船できる日が少ない。出船できても 20~40センチのヤリイカが0~10匹と数はいまひとつ。クロソイやサバが交じる時もある。寺泊港周辺は、港内の投げ釣りで30~40センチのカレイが よくて1、2匹。15~20センチのハゼが3~6匹。

    <釣り情報・柏崎>2月6日

     天候が悪い日が多く、釣りができる日が少ないが、クロダイはぶっ込み釣りで 38~42センチが1、2匹。探り釣りで40~45センチが1、2匹。柏崎港周辺ではサビキ釣りでコノシロやイワシが釣れ、投げ釣りでカレイやハゼが狙え る。ルアー釣りはシーバス、ワームなどでメバルが狙える。船釣りはマダラ、青物が釣れる。魚礁周りでソイやキジハタが釣れていた。

    <釣り情報・上越>2月6日

     直江津港周辺で、サビキ釣りでコノシロとマイワシが5~30匹釣れる。メタルジ グでサワラやイナダが2~5匹上がる。ルアーで40~60センチのスズキが数匹。投げ釣りでハゼとカレイが数匹、穴釣りでメバル、ソイ、アイナメが2~5 匹狙える。船釣りは、水深50~70メートルでマダイやソイ、ウマヅラハギが2~10匹、群れに当たればイナダが10~50匹。100~120メートルで オキメバルが5~30匹釣れる。

    <釣り情報・糸魚川>2月6日

     姫川、浦本、小泊の各港で15センチのサヨリが50匹前後、7~8センチのアジが20~30匹釣れる。消波ブロック周辺では、壁釣りで20センチのキジハタ、15センチのカサゴが計5匹程度期待できる。姫川、早川両河口周辺では60センチ級のスズキが1、2匹上がる。

    <釣り情報・佐渡>2月6日

     アジは前浜で、夜に20~25センチが10~15匹釣れる。イワシは内海府、両 津、前浜でのサビキ釣りで、20センチ前後が100~500匹上がる。メバルとソイは各港内で、15~20センチが5~10匹。ヤリイカは内海府、前浜、 小木、七浦で35センチ前後が2~4匹期待できる。

    引用 新潟日報

    【新潟県内釣り情報 2/6】の続きを読む

    a

    <釣り情報・村上・岩船>1月30日

     しけの日が多く、釣果はあまり期待できない。寝屋港や鵜泊港の穴釣りで15~20センチのカサゴやメバルが4、5匹釣れている。8~15センチのイワシは岩船港で30匹前後狙える。寝屋港や岩船港で12~15センチのコハダが10匹程度の釣果。

    <釣り情報・新潟市北区・聖籠など>1月30日

     新潟東港の西側、第2東堤防、消防署裏、湾内の各岸壁でミズダコが釣れ始めた。 テンヤ釣りで5~10キロ級が1、2匹。マダコも交じる。イワシは消防署裏、湾内各岸壁や放水路で釣れている。サビキ釣りで15~20センチが20~50 匹。10~15センチのカタクチイワシも交じって釣れている。メバルは西側、消防署裏、湾内の各岸壁や網代などで釣れている。ルアーや餌釣りで10~20 センチが1~3匹。消防署裏、排水口、湾内、島見などでクロダイが釣れている。フカセ、前打ち、ダンゴ、夜の探り釣りで20~40センチが1、2匹釣れて いる。

    <釣り情報・新潟市中央区・西区など>1月30日

     青山海岸、小針浜、五十嵐浜などの海岸でシーバスやカレイが釣れている。シーバスはルアー釣りで60~80センチが1、2匹。カレイは投げ釣りで40センチ前後がよくて2匹。餌は太めの青イソメ。特にカレイは波の穏やかな時が狙い目。

    <釣り情報・寺泊>1月30日

     船釣りで、ヤリイカは良型も交じるが0~8匹と数はいまひとつ。仕掛けは冷凍イ ワシが餌の「餌釣り仕掛け」がよいようだ。クロソイやキジハタ、スルメイカが交じる時もある。寺泊港周辺は、港内での投げ釣りで30~40センチのカレイ がよくて1、2匹。15~20センチのハゼが2~6匹。消波ブロック付近でのブラクリ釣りで15~20センチほどのアイナメやソイ、15センチほどのメバ ルやカサゴなどが合わせて4~8匹。

    <釣り情報・柏崎>1月30日

     柏崎港周辺では、サビキ釣りでコノシロが釣れ、たまにイワシも交じる。投げ釣り でカレイやハゼが狙える。クロダイは磯場での探り釣りで40~42センチが1~3匹で、なぎさ釣りやぶっ込み釣りで38~42センチが1、2匹。ルアー釣 りはよい日にシーバスが1、2匹で、ワームなどでメバルが釣れる。船釣りは沖釣りでメダイやマダラ、青物が釣れた。ヤリイカは深場の方が数が釣れていた。

    <釣り情報・上越>1月30日

     直江津港周辺で、サビキ釣りでマイワシが10~50匹とよく釣れ、コノシロも交 じる。メタルジグでサワラやイナダが2~5匹上がる。ルアーで40~60センチのスズキが数匹。穴釣りでメバル、ソイ、アイナメが2~5匹狙える。船釣り は、水深50~70メートルでマダイやソイ、ウマヅラハギが2~10匹、群れに当たればイナダが10~50匹。

    <釣り情報・糸魚川>1月30日

     姫川、浦本、小泊の各港で15~20センチのサヨリ、7、8センチのアジがそれぞれ50匹前後釣れる。消波ブロック周辺では、共に15~20センチのキジハタ、カサゴが壁釣りで計5匹程度。姫川、早川両河口周辺では60センチ級のスズキが1、2匹狙える。

    <釣り情報・佐渡>1月30日

     クロダイは前浜と小木で、25~35センチが2~4匹釣れる。イナダも交じる。 アジは前浜で、20~25センチが10~15匹狙える。25~30センチのサヨリも10~30匹上がる。イワシは内海府と前浜で、20センチ前後が100 匹以上釣れる。メバルとソイは各港内で、15~25センチが5~20匹。ヤリイカは内海府、前浜、小木、七浦で35センチ前後が2~10匹期待できる。

    引用 新潟日報


    【新潟県内釣り情報 1/30】の続きを読む

    a

    <釣り情報・村上・岩船>1月23日

     波が荒れ、釣果はあまり期待できない。岩船港で15センチ前後のコハダが10匹程度釣れている。15~20センチのカサゴやメバルが寝屋港や鵜泊港の穴釣りで4、5匹。波が落ち着けば、岩船港などで8~15センチのイワシが多くて30匹程度狙える。

    <釣り情報・新潟市北区・聖籠など>1月23日

     新潟東港の西側、消防署裏、湾内の各岸壁、網代、排水口でメバルが釣れている。 ルアーや餌釣りで、10~20センチが1~4匹。イワシは消防署裏や湾内の岸壁や放水路で釣れている。サビキ釣りで15~20センチが50~100匹。 10~15センチのカタクチイワシも交じって釣れている。コハダや小アジも交じる。消防署裏、排水口、湾内、網代などでクロダイが釣れている。フカセ、前 打ち、ダンゴ、夜の探り釣りで20~40センチが1、2匹。西側、第2東堤防、消防署裏、湾内の岸壁ではマダコが釣れる。テンヤ釣りで0・5~1キロ級が 1、2匹。

    <釣り情報・新潟市中央区・西区など>1月23日

     青山海岸、小針浜、五十嵐浜などの海岸で、メバルやソイが釣れている。日中は青イソメを使った穴釣りで、夜はルアー釣り。いずれも15~25センチが1~5匹。波が穏やかな時が狙い目。

    <釣り情報・寺泊>1月23日

     船釣りは冬型の天候続きで出船できる日が少ない。ヤリイカの群れも少ないよう で、胴長30~45センチのヤリイカが3~12匹と数もいまひとつ。冷凍イワシを餌にする餌釣り仕掛けで乗りが良い。寺泊港周辺は、投げ釣りで30センチ くらいのカレイが1、2匹釣れ始めた。15~18センチのハゼも3~7匹交じる。餌は青イソメ。消波ブロック付近でのブラクリ釣りで15~20センチのア イナメやソイ、15センチくらいのメバルやカサゴなど合わせて3~8匹。天候がよく気温の上がる日には、サビキ釣りで15センチくらいのコハダが 30~50匹釣れた。

    <釣り情報・柏崎>1月23日

     柏崎港周辺ではサビキ釣りでコノシロやイワシが釣れる。投げ釣りではカレイやハ ゼが狙える。ルアー釣りはミノーでシーバスが1、2匹。ワームなどで小型のメバルが釣れる。ぶっ込み釣りで38~42センチのクロダイが1、2匹。さぐり 釣りやなぎさ釣りで38~43センチのクロダイが1、2匹。船釣りは出船できた日で2~4キロのメダイが釣れ、マダラや青物も釣れていた。ヤリイカが釣れ 出した。

    <釣り情報・上越>1月23日

     直江津港周辺で、サビキ釣りでコノシロとマイワシが10~50匹釣れる。メタル ジグでサワラやイナダが2~5匹上がる。ルアーで40~60センチのスズキが数匹。穴釣りでメバル、ソイ、アイナメが2~5匹狙える。船釣りは、水深 50~70メートルでマダイやソイ、ウマヅラハギが2~10匹、群れに当たればイナダが10~50匹。100~120メートルでヤリイカが5~30匹期待 できる。

    <釣り情報・糸魚川>1月23日

     姫川、浦本、小泊の各港で15センチのサヨリ、7~8センチのアジがそれぞれ50匹前後釣れる。消波ブロック周辺では、壁釣りで20センチのキジハタ、15センチのカサゴが計5匹前後。姫川港東堤防では20センチ前後のマコガレイが1~5匹期待できる。

    <釣り情報・佐渡>1月23日

     クロダイは前浜と小木で、20~35センチが3、4匹上がる。メジナとイナダが 交じる。アジは前浜で、20~25センチが10~20匹。20~30センチのサヨリも10~30匹釣れる。ヤリイカは全島で、35センチ前後が2~10匹 狙える。メバル、ソイ、アイナメは各港内で、15~23センチが8~20匹期待できる。

    引用 新潟日報


    【新潟県内釣り情報 1/23】の続きを読む

    a

    <釣り情報・村上・岩船>12月5日

     寝屋や桑川で6~9センチの小アジが30~40匹釣れ、20センチのサヨリも 20~30匹狙える。35~40センチのイナダが馬下で5、6匹。鵜泊港で30~40センチのクロダイが2~4匹上がる。50~60センチのサゴシが柏尾 で1、2匹釣れている。岩船港などで15センチのコハダが10~15匹の釣果。

    <釣り情報・新潟市北区・聖籠など>12月5日

     新潟東港の西側、第2東堤防、排水口、島見周辺で、イナダやサワラが釣れてい る。ルアーや餌釣りで30~40センチ級が1~5匹釣れている。西側、第2東堤防、消防署裏、網代などでアジ、クロダイ、ハゼが釣れている。アジは 5~20センチが10~100匹釣れている。クロダイはフカセ、前打ち、ダンゴ、夜の探り釣りで20~40センチが1~7匹。ハゼは10~20センチが 2~10匹。餌はジャリメ。西側、第2東堤防、消防署裏、湾内の各岸壁で、テンヤ釣りで0・5~1キロ級が1~4匹釣れている。

    <釣り情報・新潟市中央区・西区など>12月5日

     天候が回復すれば釣果が期待できる。新潟西港や新川周辺、巻と間瀬の両漁港で、 アジ、サヨリ、クロダイが釣れる。アジは5~10センチが10~50匹。サビキ釣りで、トリック仕掛けの2・5~3号を使う。餌はアミコマセ。サヨリは 12~15センチが10~20匹。餌は大粒アミエビ。クロダイは30~40センチが1~2匹。ウキ釣りで餌はオキアミ。イナダやサワラはルアー釣りで釣れ る。ルアーはメタルジグを使う。青山海岸や五十嵐浜、小針浜でクロダイがぶっ込み釣りで釣れる。30~40センチが1~3匹。餌はユムシやホンムシ、カ ニ。

    <釣り情報・寺泊>12月5日

     船釣りは波や潮の状況によって釣果に差はあるものの0・4~4・5キロのマダイ が船中10~52匹と数釣りが楽しめ、好調。6~8・3キロの大型も釣れた。アジやハナダイ、イナダ、サバ、ワラサなども交じる。2~7キロのマダラが船 中41~52匹。寺泊港周辺ではサビキ釣りで朝夕に小アジが10~30匹、日中にはカタクチイワシが20~40匹。数は少ないがコハダも交じる。消波ブ ロック付近でのアオイソメやオキアミを餌にしたブラクリ釣りで、15~20センチのアイナメやソイ、15センチ程度のメバルやカサゴなど合わせて4~10 匹。マイボートは寺泊沖でのサビキ釣りで40センチ級のイナダが10~20匹。

    <釣り情報・柏崎>12月5日

     柏崎港周辺では天候が良かった日で、サビキ釣りでカタクチイワシやコノシロが釣 れた。遠投サビキ釣りで中アジが釣れた。ルアー釣りは、サーフなどからジグでサワラとイナダ、ミノーでシーバスが釣れた。ぶっ込み釣りやさぐり釣り、渚釣 りで38~45センチのクロダイが1、2匹。船釣りはマダラが3~10匹。ジギングでワラサとマダイが釣れていた。近海ではイナダやサワラが多数かかっ た。

    <釣り情報・上越>12月5日

     直江津港周辺で、サビキ釣りで小アジとコノシロが5~30匹釣れる。釣れた小ア ジを餌にヒラメやマゴチが数匹。メタルジグでサワラやイナダが2~10匹上がる。ルアーで40~60センチのスズキが数匹。エギングで胴長10センチ前後 のアオリイカが数匹。穴釣りでメバル、ソイが2~5匹狙える。船釣りは、水深50~70メートルでマダイ、ソイ、キジハタが2~10匹、群れに当たればイ ナダが5~20匹。100~120メートルでマイカとヤリイカが各5~20匹、オキメバルが10~30匹釣れる。

    <釣り情報・糸魚川>12月5日

     海が大荒れで、港内の釣りが中心となる。姫川、浦本、小泊の各港では7~8センチの小アジが50匹前後、15~20センチのサヨリが20~30匹上がる。波が落ち着けば青海海岸で30~35センチのイナダが5匹前後期待できる。

    <釣り情報・佐渡>12月5日

     ヒラメは内海府でのルアー、餌釣りで、40~60センチが1~3匹期待できる。クロダイは前浜と小木で、25~43センチが1~4匹狙える。アジは前浜と内海府で、20~35センチが10~20匹上がる。サヨリも交じる。

    引用 新潟日報


    【新潟県内釣り情報 12/5】の続きを読む

    このページのトップヘ

    新潟県釣り情報
    アクセスランキング