RSS

    タグ:新潟県内釣り情報

    a

    <釣り情報・村上・岩船>2月19日

     先週末から天候が回復し水温が上がってきた。野潟、馬下、柏尾、間島周辺で1~2キロのサクラマスと50~60センチのシーバスが釣れ始めた。鵜泊港、桑川、西島で70~80センチのスズキが上がる。40センチ前後のクロダイが野潟、鵜泊港で狙える。

    <釣り情報・新潟市北区・聖籠など>2月19日

     アジは新潟東港の西側や湾内の各岸壁などで釣れている。ルアー釣りやサビキ釣り で、5~20センチが10~20匹。マイワシ、コハダも交じる。メバルはルアーや餌釣りで、10~20センチが1~3匹。消防署裏や排水口などではクロダ イが狙える。20~40センチが1、2匹で、釣り方はフカセ、前打ち、夜の探り釣り。52センチも上がった。穴釣りで20~25センチのアイナメやソイが 掛かる。カレイは島見や網代周辺などでの投げ釣りで、15~20センチが1~3匹。アイナメも交じる。

    <釣り情報・新潟市中央区・西区など>2月19日

     新潟西港周辺でメバル、ソイなどの根魚が狙える。釣り方はワーム、小型プラグ、 小型メタルジグを使ったルアー釣りや、ブラクリ仕掛けの餌釣りがいい。関屋浜から角田浜にかけてのサーフでイシガレイが釣れている。投げ釣りで25~35 センチが多くて2匹。餌はイソメを使う。

    <釣り情報・寺泊>2月19日

     ことしはヤリイカの群れが少ないのか、船釣りは胴長25~38センチのヤリイカ が0~8匹と数が上がらず不調気味。ヤリイカ釣りから沖メバル釣りに変更する船も増えてきた。20~38センチの沖メバルが8~40匹釣れている。そのほ か、アラ、マゾイ、マダラ、カサゴなども交じる。寺泊港周辺は、冬型の天候続きでほとんど釣り物がない状況。港内での投げ釣りで青イソメを餌に、 10~17センチのハゼが1~4匹ほど釣れる。

    <釣り情報・柏崎>2月19日

     柏崎港周辺では、天気がよければサビキ釣りでオオバイワシが狙える。投げ釣りで はハゼが釣れ、カレイも数は少ないが釣れていた。クロダイ釣りは天候次第だが、ぶっ込み釣り、探り釣りで釣れる。ルアー釣りは、メタルジグでサワラが釣れ た日もあったがムラがある。サーフなどからはサクラマスが狙える。船釣りは出船できた日で、沖釣りでマダラ、ハチメが釣れていた。近海ではクロソイ、カレ イ、キジハタが釣れていた。

    <釣り情報・上越>2月19日

     直江津港周辺では、アジとサワラが釣れている。サビキの垂らし釣りやウキ釣りで 15~20センチのアジとコノシロが計2~20匹上がる。ルアーで50センチ前後のサワラが2~10匹。投げ釣りで20~30センチのカレイが数匹。フカ セ釣りなどで40~50センチのクロダイが数匹。穴釣りで20センチ前後のメバルやアイナメ、ソイが計2~10匹。タコテンヤでマダコが数匹。船釣りは、 水深50~70メートルでマダイ、ソイ、ウマヅラハギ、サワラが計2~10匹狙える。50~100メートルでイナダ、ワラサが計2~10匹。 100~120メートルでメバルが5~20匹上がる。

    <釣り情報・糸魚川>2月19日

     姫川、浦本、小泊の各港周辺で20~30センチのカレイが1~5匹狙える。サワラは30~40センチが1~3匹。姫川、海川、早川の各河口周辺では、60センチ級のスズキが1、2匹期待できる。

    <釣り情報・佐渡>2月19日

     クロダイは前浜でのウキ釣りで、30センチ前後が1、2匹。メジナも交じる。ア ジは前浜でのルアー、餌釣りで、15~20センチが10~30匹狙える。メバルは全島でのルアー、餌釣りで、15~20センチが5~10匹期待できる。ア ジも掛かる。サクラマスは外海府でのルアー釣りで、45センチ前後が1~5匹上がる。ヒラメも交じる。

    引用 新潟日報


    【新潟県内釣り情報 2/19】の続きを読む

    a

    <釣り情報・村上・岩船>2月5日

     野潟、板貝で30~40センチのクロダイが3、4匹釣れる。15センチ前後のカサゴが桑川で狙える。鵜泊港、寝屋港で18センチ前後のサヨリが釣れる。18~20センチのイワシが岩船港で釣れる。水温が上がる午後が狙い目。

    <釣り情報・新潟市北区・聖籠など>2月5日

     アジが新潟東港の西側や湾内の各岸壁などで釣れている。ルアー釣りやサビキ釣り で、5~20センチが10~30匹。早朝、夕方がいい。カタクチイワシ、マイワシ、コハダも交じる。メバルはルアーや餌釣りで10~20センチが1~3 匹。クロダイは消防署裏や排水口などで狙える。釣り方はダンゴ、フカセ、前打ち、夜の探り釣りで、20~40センチが1、2匹。カレイは島見や網代などで の投げ釣りで、15~20センチが1、2匹。

    <釣り情報・新潟市中央区・西区など>2月5日

     五十嵐浜ではイシガレイが釣れている。ぶっ込み釣りで、30センチ前後が多くて 2匹。餌はユムシ、青イソメがいい。角田浜では40センチ前後のクロダイが狙える。ぶっ込み釣りで、餌はユムシ。巻漁港周辺では30センチ前後のイシガレ イ、20~25センチのマコガレイが上がる。ぶっ込み釣りで、餌は青イソメ、赤イソメを使う。

    <釣り情報・寺泊>2月5日

     船釣りは、ヤリイカの群れも浅場に入って来たようだが、潮が動かなかったり、波 が高くばらしが多かったりで、胴長20~40センチのヤリイカが0~12匹と釣果はいまひとつだった。これから天候が安定すれば、数釣りも期待できる。寺 泊港周辺は、港内での投げ釣りで青イソメを餌に12~17センチのハゼが2~4匹。港内でのサビキ遠投釣りで20~30センチのサクラマスがいい人で 1~2匹釣れた。

    <釣り情報・柏崎>2月5日

     柏崎港周辺では、投げ釣りでハゼが釣れ、カレイも狙える。サビキ釣りではいい釣 果はないが、コノシロ、イワシが狙える。クロダイ釣りは、ぶっ込み釣りで38~42センチが1、2匹の釣果。探り釣りでも1、2匹の釣果。ルアー釣りは、 柿崎方面でメタルジグを使ってサワラが釣れていた。ワームなどでメバルも狙える。近海での船釣りは、サビキ釣りでイワシが釣れ、イワシを餌にソイ、ヒラメ が釣れていた。沖釣りでハチメ、ヤリイカが釣れていた。

    <釣り情報・上越>2月5日

     直江津港周辺では、サワラが釣れている。ルアーで50センチ前後が2~30匹上 がる。サビキの垂らし釣りで15~20センチのアジとコノシロが計2~20匹。投げ釣りで20~30センチのカレイが数匹。穴釣りで20センチ前後のメバ ルやアイナメ、ソイが計2~10匹。タコテンヤでマダコが数匹。船釣りは、天候によるが、水深50~70メートルでアジ、マダイ、ソイ、ウマヅラハギ、サ ワラが計2~10匹狙える。50~100メートルでイナダ、ワラサが計2~10匹。100~120メートルでヤリイカが上がる。

    <釣り情報・糸魚川>2月5日

     姫川、浦本、小泊の各港では、消波ブロック周辺の壁釣りで15センチのカサゴ、 20センチのキジハタが計5匹程度狙える。岸壁では5~10キロのミズダコが1、2匹。ヒラメは青海海岸、姫川港周辺、小泊港で40センチ前後が1、2匹 上がる。波が落ち着けば姫川、早川の両河口周辺で60センチ級のスズキが1、2匹期待できる。

    <釣り情報・佐渡>2月5日

     クロダイは小木、前浜でのウキ釣りで、30~40センチが1~4匹上がる。ア ジ、アイナメ、メジナも交じる。アジは前浜でのルアー、餌釣りで20センチ前後が10~20匹期待できる。メバル、アイナメも掛かる。メバルは全島でのル アー、餌釣りで15センチ前後が5~10匹。アジも交じる。ヤリイカは内海府、前浜で1~3匹狙える。

    引用 新潟日報


    【新潟県内釣り情報 2/5】の続きを読む

    a

    <釣り情報・村上・岩船>1月29日

     天候が悪く水温が低いため釣果は期待できない。桑川港の内側で15センチ前後のカサゴが上がる。寝屋、鵜泊では18~20センチのサヨリが3、4匹釣れる。岩船港では18~20センチのイワシが狙える。

    <釣り情報・新潟市北区・聖籠など>1月29日

     新潟東港の西側や湾内の各岸壁などでアジが釣れている。ルアー釣りやサビキ釣り で、5~20センチが10~30匹。カタクチイワシ、マイワシ、コハダも交じる。メバルはルアーや餌釣りで10~20センチが1~3匹。クロダイは消防署 裏や排水口などで20~40センチが1~5匹。釣り方はダンゴ、フカセ、前打ち、夜の探り釣り。カレイは島見や網代などでの投げ釣りで、15~20センチ が1~3匹。40センチ級のアイナメも交じる。

    <釣り情報・新潟市中央区・西区など>1月29日

     新潟西港周辺では、日によって、ルアー釣りで60~70センチのシーバスが上がる。波が穏やかな日は、メバルやソイなどの根魚が狙える。釣り方はワームを使ったルアー釣り、もしくはブラクリ仕掛けの餌釣りがいい。

    <釣り情報・寺泊>1月29日

     船釣りは冬型の天候続きで出船できる日が少なく、23日の出船では水深130 メートル付近の深場のポイントで、胴長20~40センチのヤリイカが1~12匹。胴長15~30センチのスルメイカが1~16匹釣れた。今後ヤリイカの群 れが水深50~60メートルの浅場に入ってくれば、数釣りも期待できる。寺泊港周辺は、港内での投げ釣りで青イソメを餌に、12~16センチのハゼが 2~5匹釣れる。

    <釣り情報・柏崎>1月29日

     柏崎港周辺では、天候が悪い日が多かったが、サビキ釣りでコノシロ、イワシが狙 える。港周辺での投げ釣りはハゼ、カレイが狙える。クロダイ釣りは、ぶっ込み釣りで38~45センチが1~2匹。良型のアイナメも釣れた。天候次第で探り 釣りでも狙える。ルアー釣りはシーバス、メタルジグでサワラが狙える。船釣りはしけで出船できる日が少ないが、ヤリイカ、ソイなどが狙えそうだ。

    <釣り情報・上越>1月29日

     直江津港周辺では、サビキの垂らし釣りで20センチ前後のアジが2~10匹。ル アーで50センチ前後のサワラが2~10匹上がる。投げ釣りで20~30センチのカレイが数匹。穴釣りで20センチ前後のメバルやアイナメ、ソイが計 2~10匹。タコテンヤでマダコが数匹。ミズダコも上がる。船釣りは、天候が回復すれば、水深50~70メートルでアジ、マダイ、ソイ、ウマヅラハギ、サ ワラが計2~10匹狙える。50~100メートルでイナダ、ワラサが2~10匹。100~120メートルでヤリイカが5~20匹。

    <釣り情報・糸魚川>1月29日

     天候が悪く、釣果はあまり期待できない。親不知、姫川、浦本、小泊の各港で 30~40センチのヒラメが1、2匹釣れる。消波ブロック周辺では、壁釣りで20~30センチのキジハタ、15センチのカサゴが計5匹前後。波が穏やかに なれば、小魚を追って港内に入る2~20キロのミズダコが1、2匹狙える。

    <釣り情報・佐渡>1月29日

     クロダイは小木、前浜でのウキ釣りで、30~45センチが2~10匹。アジ、メ ジナ、アイナメも交じる。アジは前浜でのルアー、餌釣りで、20センチ前後が10~30匹。アイナメも掛かる。メバルは全島でのルアー、餌釣りで、 15~20センチが5~15匹狙える。アジ、アイナメも交じる。ヤリイカは内海府、前浜、七浦で、2~8匹期待できる。

    引用 新潟日報


    【新潟県内釣り情報 1/29】の続きを読む

    a

    <釣り情報・村上・岩船>1月22日

     鼠ケ関で18~20センチのイワシが30~40匹釣れ始めた。岩船港で20センチ前後、寝屋、鵜泊で10~15センチのカサゴが狙える。20~25センチのサヨリが鼠ケ関、寝屋、鵜泊で2、3匹釣れる。いずれも水温が上がる昼からがおすすめ。

    <釣り情報・新潟市北区・聖籠など>1月22日

     アジは新潟東港の西側や湾内の各岸壁などで釣れている。ルアー釣りやサビキ釣り で、5~20センチが10~30匹。早朝、夕方がいい。カタクチイワシやマイワシ、コハダも交じる。メバルはルアーや餌釣りで10~20センチが1~4 匹。クロダイは消防署裏や排水口などで20~40センチ級が1~7匹。釣り方はダンゴ、フカセ、前打ち、夜の探り釣り。カレイは島見や網代周辺などでの投 げ釣りで、20~25センチが1~3匹。

    <釣り情報・新潟市中央区・西区など>1月22日

     新潟西港周辺でシーバスが釣れている。ルアー釣りで50~70センチが1~3匹。波が穏やかな日は、西港から関屋浜にかけてソイ、メバル、クジメなどの根魚が狙える。15~25センチが多くて10匹。釣り方はワームを使ったルアー釣り、ブラクリ仕掛けの穴釣りがいい。

    <釣り情報・寺泊>1月22日

     船釣りは冬型の天候続きで出船できる日が少ないが、胴長25~35センチのヤリ イカが0~16匹釣れ、同サイズのスルメイカが1~20匹釣れている。浅場でもヤリイカの反応が出始めたようで、これからに期待。0・5~2・7キロのマ ダイが船中15匹釣れた船があった。寺泊港周辺は、港内での投げ釣りで、青イソメを餌に13~17センチのハゼが3~5匹。サビキ遠投釣りで、20~30 センチのサクラマスがいい人で1~3匹釣れたが、サクラマスの群れの回遊次第なので、釣果にムラがある。

    <釣り情報・柏崎>1月22日

     柏崎港周辺では、サビキ釣りでコノシロが主に釣れているが、アジやカタクチイワ シ、マイワシも釣れる。港付近での投げ釣りはハゼが釣れ、カレイも狙える。クロダイ釣りは探り釣りで35~45センチが1~3匹。ぶっ込み釣りで 35~45センチが1~4匹の釣果。ルアー釣りは柿崎方面でメタルジグを使い、サワラが数匹釣れていた。シーバス釣りは1~2匹の釣果。船釣りはしけで出 船できる日があまりなかったが、ヤリイカ釣りで胴長20~40センチが10~30匹と釣れていた。天候がよければまだまだ狙えるだろう。食わせサビキでヒ ラメ、キジハタも釣れていた。

    <釣り情報・上越>1月22日

     直江津港周辺では、アジ、サワラが釣れている。サビキの垂らし釣りで20センチ 前後のアジが計2~10匹。ルアーで40~50センチのサワラが2~20匹上がる。投げ釣りで20~30センチのカレイが数匹。穴釣りで20センチ前後の メバルやアイナメ、ソイが計2~10匹。タコテンヤでマダコが数匹。船釣りは、水深30~70メートルでアジ、マダイ、ソイ、ウマヅラハギ、サワラが計 2~10匹狙える。50~100メートルでイナダ、ワラサが2~10匹。100~120メートルでヤリイカが上がる。

    <釣り情報・糸魚川>1月22日

     海が荒れていて港内が中心。姫川、浦本、小泊の各港では15センチ程度のサヨリ が50匹前後釣れ、消波ブロック周辺での壁釣りで20センチのキジハタ、15センチのカサゴが計5匹ほど上がる。姫川、小泊港ではともに30~40センチ のサワラ、ヒラメがそれぞれ1~3匹上がる。波が落ち着いていれば海岸からでも期待できる。

    <釣り情報・佐渡>1月22日

     クロダイは小木、前浜でのウキ釣りで、25~40センチが1~3匹上がる。メジ ナ、アジも交じる。アジは前浜、小木で20センチ前後が5~15匹。30センチ級も期待できる。アイナメも掛かる。メバルは全島でのルアー、餌釣りで、 15~20センチが5~10匹狙える。ヤリイカは内海府、前浜、七浦で1~6匹釣れる。

    引用 新潟日報


    【新潟県内釣り情報 1/22】の続きを読む

    a

    <釣り情報・村上・岩船>1月15日

     魚の数が少なく、釣果はあまり期待できない。20~25センチのサヨリが鼠ケ関、寝屋、鵜泊で2、3匹釣れる。気温が上がる午後がおすすめ。岩船港で18センチ前後、寝屋、鵜泊で10~15センチのカサゴが狙える。

    <釣り情報・新潟市北区・聖籠など>1月15日

     新潟東港の西側や消防署裏などでアジが釣れている。ルアー釣りやサビキ釣りで、 5~25センチが10~30匹。カタクチイワシやマイワシ、コハダも交じる。メバルはルアーや餌釣りで10~20センチが1~4匹。クロダイは排水口や湾 内などで20~40センチが1~5匹。釣り方はダンゴ、フカセ、前打ち、夜の探り釣り。カレイは島見や網代などでの投げ釣りで、20~30センチが1~3 匹。

    <釣り情報・新潟市中央区・西区など>1月15日

     巻漁港周辺でスズキが釣れている。ルアー釣りで70センチ前後が3匹。越前浜で はクロダイが上がる。ぶっ込み釣りで40~45センチが2匹。餌はユムシ。小針浜では、ぶっ込み釣りで30~35センチのイシガレイが2匹。餌はユムシ、 青イソメ。天候が良ければ、西区近隣のサーフで良型のイシガレイが狙える。

    <釣り情報・寺泊>1月15日

     船釣りは冬型の天候続きで出船できない日が多かったが、胴長15~40センチの ヤリイカが2~22匹釣れている。水深50~60メートルの浅場ではヤリイカの反応がまだ薄いようで、水深130~140メートルの深場で胴長30~40 センチのスルメイカが1~15匹交じって釣れる。水深が深いので、仕掛けはプラヅノ11センチの2段針で5~7本針仕掛けの方がばらしが少ないようだ。寺 泊港周辺は、港内での投げ釣りで青イソメを餌に、12~17センチのハゼが2~6匹釣れる。消波ブロックでのサビキ釣りで、20~30センチのサクラマス がいい人で1~2匹釣れたが、サクラマスの群れが小さいようで、釣果にムラがある。

    <釣り情報・柏崎>1月15日

     柏崎港周辺では、サビキ釣りで日中コノシロが釣れる。投げ釣りではハゼが釣れて いた。クロダイ釣りは、ぶっ込み釣りで40~45センチが1~3匹。探り釣りで38~45センチが1~3匹と釣れていた。ルアー釣りでは、シーバスの釣果 は落ち着いて1~2匹。ワーム釣りではメバルが狙い目。船釣りはしけで出船できる日がなかったが、出船できればヤリイカ釣り、マダラ、メダイ釣りに期待で きる。

    <釣り情報・上越>1月15日

     直江津港周辺では、サビキの垂らし釣りで20センチ前後のアジが計2~10匹。 ルアーで40~50センチのサワラが2~5匹狙える。投げ釣りで20~30センチのカレイが数匹。穴釣りで20センチ前後のメバルやアイナメ、ソイが計 2~10匹。タコテンヤでマダコが数匹。オキアミなどを餌に40~50センチのクロダイが数匹。ルアーで40~50センチのスズキが数匹。船釣りは、水深 30~70メートルでアジ、マダイ、ソイ、ウマヅラハギ、サワラが計2~10匹。50~100メートルでイナダ、ワラサが2~5匹。100~120メート ルでヤリイカが狙える。

    <釣り情報・糸魚川>1月15日

     姫川、浦本、小泊の各港で15センチほどのサヨリが50匹前後狙える。消波ブロック周辺では、壁釣りで20センチのキジハタと15センチのカサゴが計5匹程度。各港周辺では30~40センチのヒラメが1~3匹上がる。ルアー釣りがおすすめ。

    <釣り情報・佐渡>1月15日

     クロダイは小木、前浜で、25~45センチが1~3匹で、メジナ、アジも交じ る。ヒラメは内海府、前浜でのルアー、餌釣りで、35~60センチが1、2匹上がる。スズキは国府川、前浜でのルアー釣りで、40~80センチが1~3匹 掛かる。アジは前浜でのルアー、餌釣りで、20センチ前後が10~30匹期待でき、中には30センチ級も。クロダイ、アイナメ、メジナも交じる。メバルは 全島でのルアー、餌釣りで、15~20センチが3~15匹狙える。ヤリイカは内海府、前浜、小木で、胴長20、35センチが3~20匹上がる。

    引用 新潟日報



    【新潟県内釣り情報 1/15】の続きを読む

    このページのトップヘ

    新潟県釣り情報
    アクセスランキング