RSS

    タグ:信濃川

    a

    23日午前、信濃川で十日町市から長岡市にかけての30キロ余りにわたって油が浮いているのが見つかりました。警察などが調べた結果、十日町市の産業廃棄物の処理業者の重油タンクから流れ出ていたことが分かりました。
     23日午前8時前、十日町市を流れる信濃川に油が浮いているのが見つかりました。
    河川管理事務所などが信濃川を調べたところ、30キロ余り下流の長岡市妙見まで油が流れているのが確認されました。
     このため、事務所などでは職員がオイルフェンスを設置したり、吸着マットなどを使ったりして油の拡散の防止や回収作業に当たりました。
     これまでのところ、周辺の住民の体調の悪化などは確認されていないということです。
    警察や県などが流出の原因を調べたところ、最初に油が見つかった十日町市の信濃川沿いにある産業廃棄物の処理業者の重油タンクから漏れ出ていたことが分かりました。
     業者によりますと、23日朝、作業員が重油タンクの配管の連結部分が雪の重みで壊れているのを見つけたということで、およそ5000リットルの油が漏れて いるのが確認され、本来は雨や溶けた雪を流す排水溝などをつたって数百メートル離れた信濃川まで流れ出てしまったということです。
    油が漏れ出た会社の長谷川茂徳社長は「従業員や設備の管理が行き届かず、地域の皆さまに大変な迷惑をかけてしまい申し訳ありませんでした」と話しています。

    引用 NHK

    @管理人ひとこと
    信濃川で十日町市から長岡市にかけて、油が浮いているのが見つかったそうです。
     23日の午前中に、十日町市の信濃川に油が浮いているのを発見されたそうです。その油は信濃川を下り、長岡市まで流れたそうです。画像は信濃川の妙見堰で、信濃川本流中流部の堰のところまで来たみたいです。

    a

     河川へ流れたのは重油で、30kmほど流れたそうですが、実際はどこまで流れたかは・・・。流れた重油の総量は5,000Lと、大量に流れたようです。重油タンクが1,4000Lから9,000Lまで減っていたそうです。日本のドラム缶1本が200Lぐらいなので、25本になると思います。
     重油の対処として、オイルフェンスを設置したり、吸着マットなどを使ったりして油の拡散の防止や回収作業をしたそうです。このことによる、周辺の住民への体調の悪化などは確認されていそうです。
     海でタンカーから重油が流れたというニュースは聞いたことはありますが、河川で流れた話は初めて聞きました。重油が自然に及ぼす影響はあるそうです。特に水面の表層にいる生き物は影響が出やすいらしいです。詳しくは調べてみてください。たくさんでて来ます。
    タンカーの流出ほどの量はなく、発見が早かったため回収できたみたいです。全部回収は無理だと思います。もしも発見されなかったら全部日本海へ流れて行ったかもしれませんね。去年は塩素が流れましたが、今年は重油。う~ん少なからず影響はあるような気もしますが、漁協の方は大変そうです。食物連鎖でいずれかは人間に影響が・・・、とか考えてしまいます。影響がでるのは時間が掛かると思いますが、何もないといいですね。

    a

    十日町市のJR東日本信濃川発電所宮中取水ダムで行ったサケ遡上(そじょう)調査(9月11日~11月10日)の結果(速報値)が11日、まとまった。国 土交通省信濃川河川事務所によると、過去最多だった昨年よりさらに80%増の736匹を捕獲した。川の水量が安定したことと、放流稚魚の増加が影響したと みられる。
     宮中取水ダムでは、JR東の違法取水問題を受けて2010年から5年間試験放流をしており、今年が最終年。サケ遡上調査は試 験放流に伴い、信濃川中流域水環境改善検討委員会が行う環境調査項目の一つで、毎年同じ期間で実施している。今年の調査期間中のダム放流は昨年と同じ毎秒 50トンを下限にする変動方式で行った。
     中魚沼漁業協同組合(十日町市)の組合長は「素直に喜びたい。信濃川にサケ遡上環境が整ってきた」と話す。信濃川のサケ稚魚放流は10年から50万匹前後に大幅に増やしており、それら稚魚の多くが回帰し始めたのが増加の理由とみる。
     さらに「一定の水量があればサケは帰ってくる。稚魚の放流はさらに増やしていきたいが、サケ遡上という観点からみれば、この期間の今の放流量は十分といえる」と話している。

    引用 新潟日報

    @管理人ひとこと
    信濃川の宮中ダムにおける、鮭の試験放流調査が行なわれました。
     宮中ダム?と思う方もいるかもしれませんが、信濃川の中流域にあるダムです。十日町市に流れる、信濃川のダムのことです。
     え~と、JR東の違法取水問題・・・、ありましたね、ニュースになりましたが、2010年から5年間試験放流をしたそうで、今年が最終年だそうです。その放流の遡上によれば、大幅に増加しているそうです。日本海から結構距離はありますが、戻ってくるんですね。帰巣本能ってすごいですね。

    a

    信濃川のサケ漁解禁を受けて26日、新潟市江南区平賀の信濃川漁業協同組合事務所前で「大河の感謝祭」(同漁協主催)があった。人気のサケのつかみ取りには大勢の子どもたちが参加した=写真・日報連会員の池田友好さん撮影。
      捕まえたサケは、1匹1000円で持ち帰ることができる。子どもたちは、軍手に長靴姿でビニールシートの「にわかいけす」に入り、水しぶきを上げながら元気に泳ぐサケを追いかけ回した。
      会場では普段見られないサケの採卵実演やサケの加工品が販売され、中でもサケご飯とチャンチャン焼き、サケ汁の3品セット(税込み300円)は飛ぶように売れていた。
      同漁協幹事の阿部友雄さん(62)は「サケの育ち、漁も平年並み。新潟市の信濃川で取れるサケは河口に近いので脂が乗って味は抜群」と話した。11月25日までの期間中、例年より多い約3500匹の水揚げを目指すという。

    引用 毎日新聞

    @管理人ひとこと
    信濃川漁業協同組合が、鮭のつかみ取りをイベントを実施したそうです。
     信濃川漁業協同組合事務所前のイベントは、プールに放った鮭を捕まえて、持ち帰ることができたそうですが、なかなか日常的にできない体験ですよね。採卵実演やサケの加工品の販売やなど、家族で楽しめるイベントですね。鮭のつかみ取りを調べてみると、県内各地で行われているようです。検索をかけてみる結構見つかります。自分で獲って、持って帰って食べられるので楽しそうなイベントですよ。もし良かったら、これからご家族で行ってみてはどうでしょか?
     鮭漁が各地で始まったようですね。村上の記事を書きましたけど、鮭漁ってあまり知りませんでした。各漁協のホームページを見るとわかるようなので、河川などで釣りをする方は要注意ですね。もしかしたら禁漁区かもしれませんし。
     
     

    a

    1: ああああ 2006/06/09(金) 10:50:04 O
    新潟県の川釣りスレなかったんで立てました。
    信濃川限定ではなく、新潟のいろいろな河川の情報交換スレです。
    渓流魚・鮎・鯉・鯰・鰻などいろいろと情報交換しましょう。

    【【日本一の】新潟の河川釣り情報【信濃川】】の続きを読む

    a
    1: 空挺ラッコさん部隊ρφ ★ 投稿日:2010/10/16(土) 18:36:11
     小千谷市岩沢の信濃川でこのほど、同所の高校3年生の関さん(18)が、卵が珍味の
    キャビアとして知られるチョウザメを釣り上げた。関さんは「最初は何の魚か分からず
    びっくりした」と思わぬ釣果に驚いている。

     関さんが休日の昼下がり、自宅近くの川でバス釣りを楽しんでいたところ、突然強い
    引きがあり、銀白色の体長約1メートルの魚体が姿を現した。


    【信濃川でバス釣りを楽しんでいたところ、突然チョウザメを釣り上げる…】の続きを読む

    このページのトップヘ

    新潟県釣り情報
    アクセスランキング