RSS

    タグ:上越

    1: 孤高の旅人 ★ 投稿日:2015/12/27(日) 17:40:14.40 ID:CAP
    上越の正月に欠かせないサメの競り 一印上越魚市場
    2015年12月27日 (日) 16:16
    a
    https://www.joetsutj.com/articles/29616979

     新潟県上越市木田3の一印上越魚市場(尾崎徹社長)で2015年12月27日、
    年末恒例のモウカザメの競りが行われた。競り人の威勢の良い声が響く中、
    氷の上に置かれた20匹のサメを鮮魚店やスーパーの鮮魚担当者らが競り落としていった。

     上越地方では特に山間部で正月料理に煮こごりなどが昔から食べられている。
    サメの肉にはアンモニア成分が多く、独特の臭みがある反面、腐りにくいことなどから
    昔から山間部に暮らす人々の貴重なタンパク源となってきた。同市場では毎年、
    暮れの27日にサメの競りを行っており、今年は宮城県の気仙沼港に26日に水揚げ
    された重さ50?90kgの20匹が入荷した。尾崎社長によると「昨年より10匹ほど少ないが、
    鮮度はとても良い。今日は(刺し身の)試食も用意した」。

     サメは1匹を4、5等分に切られ、氷が敷かれた上に並べられた。午前7時、競りの
    開始を知らせる鐘の音が鳴り響くと、同市場営業一部の寺嶋啓太郎部長が競り人となり、
    サメを囲んだ買い手たち約30人がテンポよく競り落としていった。

     上越地域スーパーの担当者は「昔よりはサメの消費量は落ちているが、
    正月にぬたや煮こごりを食べる所も多い。今日のサメは鮮度が良い。
    すぐに仕込んで店頭に並べたい」と話していた。

    【【新潟】上越の正月に欠かせないサメの競り 一印上越魚市場】の続きを読む

    a

    1: ◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★ 投稿日:2015/06/11(木) 18:54:49.47
    ★海水浴シーズンを前に、ドローンで離岸流調査 新潟・上越市
    >>06/11 18:38

    海水浴シーズンを前に、新潟・上越市の海水浴場で、
    ドローンを使って離岸流の調査が行われた。

    新潟・上越市の谷浜海水浴場で11日、上越海上保安署と
    長岡技術科学大学が共同で、ドローンを使っての離岸流の
    調査を行った。

    水難事故につながる離岸流は、1分あたり15メートルから
    >>20メートルほどの速さで沖に流れていくことがわかった。

    海保では、遊泳禁止区域で泳がないことや、子どもの遊泳への注意、
    また、危険を感じたら118番へ通報してほしいと呼びかけている。 (新潟総合テレビ)

    ※リンク先に動画あり
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00294577.html



    2: 名無しさん@13周年 投稿日:2015/06/11(木) 19:05:55.60 ID:+yzJDfY5C
    これは正しいドローン利用法

    3: 名無しさん@13周年 投稿日:2015/06/11(木) 19:28:45.67 ID:7LdqEVzEW
    いい活用の仕方だね


    4: 名無しさん@13周年 投稿日:2015/06/11(木) 20:48:10.82 ID:mh4QQKAq8
    無理矢理ドローンを使わなくても、別にヘリ空撮や何かを流せばいいじゃん



    a

    糸魚川市や上越市で、立ち入り禁止の防波堤へボートで渡った釣り人が、高波による被害をうけたケースが相次いだことを受け、県は上越エリアでも安全が確保された防波堤の開放を検討することを明らかにしました。
    糸魚川市の姫川港では10日、プレジャーボートが転覆する事故があり2人が死亡しました。また上越市の直江津港でも釣りをしていた4人がヘリコプ ターで救助されています。いずれのケースも、立ち入りが禁止されている防波堤へボートでわたり高波に巻き込まれていました。こうした事案が相次いでいるこ とを受け泉田知事は「上越エリアでは安全に釣りを楽しむところがない。どこか開設できないか、検討していきたい」と述べ、近く上越エリアで具体的な開放場 所の選定に入ることを明らかにしました。
    なお、こうした防波堤は新潟市と柏崎市にそれぞれ1か所あり、夏場に限り釣り場として開放されています。

    引用 BSN

    @管理人ひとこと
    上越市でも防波堤の開放を検討されるそうです。場所は直江津港?
     糸魚川市、上越市で海の事故がおきてしまい、県は上越エリアの安全が確保された防波堤の開放を検討するそうです。
     海の事故は少なからず起きています。事故が発生する所は立ち入り禁止の場所であり、釣り人が無断で侵入して事故が発生することが多いそうですね。実際管理人も防波堤に行ったりすると、立ち入り禁止区域で釣りをしている方を見たことがあります。
     あれってまずいですよね。進入するのが大変だと思いますし、何かあったらそこから逃げ出すのも大変になります。事故が起きたらルールを守って魚釣りをしている方々に、大変迷惑が掛かりまよね。
    たくさん魚を釣りたい気持ちはわかりますが、事故が起きてしまったら・・・。ルールは守って欲しいです。管理釣り場として開放は管理人は賛成です。まだこれからですが、管理釣り場として安全に釣りを楽しむ場所になって欲しいですね。



    この日は「釣ったバスを美味しく食べる」というコンセプトのもとバス釣りに行ってまい

    ­りました。
    ブラックバスの美味しい食べ方はこちら↓
    http://take118.blog118.fc2.com/blog-entry-642.html

    http://take118.blog118.fc2.com/blog-entry-643.html

    【バスバギング@上越の某池 バス釣りダイジェスト】の続きを読む

    このページのトップヘ

    新潟県釣り情報
    アクセスランキング