RSS

    タグ:リュウグウノツカイ

    1: のっぺらー ★ 投稿日:2016/02/10(水) 20:02:03.01 ID:CAP
    新潟市水族館マリンピア日本海は9日、佐渡島沖で定置網に掛かった深海魚リュウグウノツカイを展示した。
    訪れた人は赤色の背びれやうろこのない長い体を興味深そうに見つめた。
    鮮度の関係から、展示は最長11日まで。

    水族館によると、網に掛かったのは8日。
    体長は3.3メートル、体重は14.5キロで、生きた状態で見つかった。
    死んで間もないため、生存中に近い銀白色の体を見られる。
    同館での展示は2例目。

    新潟市から家族3人で訪れた主婦戸部智香子さん(29)は「きらきらしてきれい」とうれしそう。
    深海魚好きという同市の介護職吉井綾香さん(27)は「生態が謎で、独特の形が格好良い」と語った。

    リュウグウノツカイは通常、熱帯域の200メートルより深い海に生息しているとされ、詳しい生態は分かっていない。

    写真:展示されたリュウグウノツカイを見る母子
    http://www.sankei.com/photo/images/news/160209/dly1602090019-p1.jpg
    a

    以下ソース:産経フォト 2016.2.9
    http://www.sankei.com/photo/daily/news/160209/dly1602090019-n1.html

    関連スレ
    【新潟】幻の深海魚 リュウグウノツカイ捕獲 佐渡沖[02/08]©2ch.net
    /r/2ch.sc/femnewsplus/1454940503/

    【【新潟】リュウグウノツカイを展示 新潟市水族館「マリンピア日本海」】の続きを読む

    1: のっぺらー ★ 投稿日:2016/02/08(月) 23:08:23.47 ID:CAP
    幻の深海魚と言われる「リュウグウノツカイ」が8日朝、新潟県佐渡沖の定置網に生きた状態でかかった。
    生きたまま捕獲されるのは非常に珍しいという。

    「リュウグウノツカイ」は8日朝、佐渡の両津湾内で内海府漁協の定置網にかかっているのが見つかった。
    「幻の深海魚」と言われるリュウグウノツカイは、全身が銀色で鮮やかな紅色の背びれや腹ひれがあり、
    押しつぶされたような平たい体形が特徴だが、詳しい生態はわかっていない。
    今回水揚げされたのは体長3.3メートル、体の幅が最大26センチあった。

    リュウグウノツカイは佐渡の海岸で海が荒れる時期に死がいが漂着することはあるが、
    生きたまま捕獲されたのは非常に珍しいという。

    内海府漁協の職員
    「実際、動いているところは、なかなか見られないので、とても貴重な体験をさせていただきました」

    このリュウグウノツカイは、新潟市の水族館「マリンピア日本海」が引き取り詳しく調べることにしている。
    http://www.news24.jp/images/photo/2016/02/08/20160208-210431-1-0004_l.jpg
    a
    以下ソース:日本テレビ 2016年2月8日 22:05
    http://www.news24.jp/articles/2016/02/08/07321940.html

    【【新潟】幻の深海魚 リュウグウノツカイ捕獲 佐渡沖】の続きを読む

    このページのトップヘ

    新潟県釣り情報
    アクセスランキング