RSS

    タグ:イカ

    a

    佐渡市相川地区の稲鯨漁港周辺で19日、イカの天日干し作業が行われました。19日は地元の漁師たちが新鮮なスルメイカの内臓を包丁で丁寧に取り除き、専 用のスノコに並べたり吊したりしました。天日干しすることによってイカの不要な水分が取り除かれ身が柔らかくなります。今年の佐渡島内でのイカの水揚げ量 は春先が例年より少なかったものの、11月から海流が変化したため回復傾向にあるということです。この作業は12月終わりごろまで天気の良い日に行われます。

    引用 NST

    @管理人ひとこと
    佐渡市の稲鯨漁港周辺でイカの天日干しが行われたそうです。
     佐渡で獲れたイカを地元の漁師が新鮮なうちに天日干しにしたそうです。天日干しにすることにより旨みがまし、美味しくなります。それはわかっていますがいざ自分でやるとなると面倒なので、干したものがあると大変楽ですよね。中には自分でやるという方もいると思いますけど。
     佐渡のイカの水揚げ量が今年はあまり良くなかったそうですが、少しずつ回復しているそうです。これはもしかしたらイカの天日干しの値段が下がるかもりれませんね。消費者としたら安いほうがいいですよね。天日干しは12月の終わりまで行われますので、これから美味しいイカの天日干しが食べれますね。

    このページのトップヘ

    新潟県釣り情報
    アクセスランキング