RSS

    カテゴリ:新潟県ニュース > ニュース速報

    a

    佐渡市の両津湾で8日朝、頭から尾までの全長がおよそ2メートルあるイトマキエイが水揚げされた。両側の翼のようなひれを広げて測ると幅も約1・7メート ルある大物。佐渡近海で捕まるのは珍しく、水産関係者も「これだけ大きなものは10年以上水揚げがなかったようだ」と驚いていた。
     加茂水産定置網組合が佐渡市白瀬の沖合に仕掛けた寒ブリの定置網に掛かった。水揚げ後、毒針がある長い尾が切り落とされた。
     県佐渡地域振興局農林水産振興部によると、イトマキエイは日本海にも生息するが、「頻繁に見られる魚ではない」という。
     水揚げされた佐渡水産物地方卸売市場では、仲買人らが「珍しい」「大きい」などと口々に話しながら眺めていた。

    引用 新潟日報

    @管理人ひとこと
    両津湾で定置網にイトマキエイが掛かり水揚げされました。
     2mもある巨大な魚体で、10年ぶりに捕獲されたみたいです。幅も1.7mと大きな座布団ですね。寒ブリの定置網に掛かったそうですが、イトマキエイニは毒針があるそうなのでもしかしたらブリが刺されたのかな?多分無いと思いますが、あまりいいものではないですね。
     県佐渡地域振興局農林水産振興部によると、イトマキエイは日本海にも生息するが、「頻繁に見られる魚ではない」という。とのことなので、本当に珍しいんですね。仲買人のかたも珍しいと言うぐらいなので、めったにお目にかかれないですね。
    水温が高いためイトマキエイが日本海側に迷い込んだそうです。う~ん、温暖化かな?多分。イトマキエイはその後どうなったんでしょうか?練り物にでもなったんでしょうか?

    a

    国産農産物の消費拡大に取り組む団体や企業などを表彰する「フード・アクション・ニッポン・アワード2015」で、サケの魚醤(ぎょしょう)「最後の一 滴」を開発した糸魚川市の海洋高校が審査委員特別賞を受賞した。高校の受賞は珍しいという。生徒は「受賞するとは思わなかった。商品が認められてうれし い」と喜んでいる。
     農林水産省や有識者らでつくる実行委員会が主催し、7回目。全国から865件の応募があった。海洋高は商品部門(食品産業分野)に登録していた。
     最後の一滴は、地元でイクラを採った後に捨てられるサケを有効利用しようと生徒が2013年、部活動で開発した。同校の同窓会「能水会」や市と連携し、「シーフードカンパニー能水商店」を設立、4月から校外の工場で製造している。
     商品名はサケが川に戻り最期を迎えることと、料理の最後に加えるとおいしくなることから名付けた。濃厚なうまみが特徴で、くせが少なく、ほのかに魚の香りが広がる。しょうゆのように使っても、料理の隠し味として加えてもいい。
     市内の道の駅やスーパー、インターネットなどで200ミリリットル970円(税抜き)、100ミリリットル635円(同)で販売され、人気商品となっている。販路拡大に向け、生徒はイベントや首都圏などで商品PRにも取り組んでいる。
    3年の笠原大吾部長(17)は「これからも良い商品を作り、県内外でも知ってもらえるよう発信したい」、2年の三沢甲斐君(17)は「生産を増やしても品質を落とさず、工場の衛生管理も勉強したい」と力を込めた。

    引用 新潟日報

    @管理人ひとこと
    フード・アクション・ニッポン・アワード2015で、糸魚川市の海洋高校の開発した魚醤、最後の一 滴が審査委員特別賞を受賞しました。
     フード・アクション・ニッポン・アワードは、国産農産物の消費拡大に取り組む団体や企業などを表彰するそうで、海洋高校が企業としてではなく学校で受賞し、とても栄誉がある受賞みたいです。とにかく凄い受賞です。
     最後の一滴についてはこのブログでも記事にしましたが、鮭を利用した魚醤でとても美味しく、県内でも話題になりました。あの最後の一滴が審査委員特別賞を受賞したんです。とても凄いですね。
     糸魚川市の道の駅やスーパーやインターネットなどにも売っているそうなので、この商品を買う機会があったら審査委員特別賞を受賞した凄い魚醤ということを思い出して欲しいですね。これからも海洋高校の生徒さんには期待ですね。

    a

    冬の味覚の王様、佐渡で出荷の最盛期を迎えています。
    水槽で出番を待つのは生きたズワイガニ。佐渡市の多田漁港では年末の需要期に向け今が出荷の最盛期です。佐渡沖で獲れたズワイガニは、海洋深層水を利用し た保存技術で活きの良さが自慢です。「活ズワイガニ」と呼ばれ、鮮度はもちろん味も良く、県内や東京の料亭などで人気だそうです。
    3日の出荷はおよそ150匹。海洋深層水の水槽には10月から捕獲してきたおよそ1000匹のズワイガニが出荷を待っています。

    引用 BSN

    @管理人ひとこと
    佐渡で今年の冬の味覚、ズワイガニが出荷の最盛期を向かえています。
     ズワイガニは新潟の有名なカニですね。ズワイガニはこれから年末や年明けに食べる方も増えていくのではないでしょうか?管理人としても年末年始はカニを食べたいです。タラバガニや毛ガニでもいいのですが、やっぱりズワイガニが食べたくなります。とても美味しいですよね。最近は通販のカニセットを買おうかとても悩んでいます。
     この佐渡で獲れたカニは海洋深層水を利用した活ズワイガニとして、県内外に出荷されます。鮮度を保つ技術には驚かされますね。これから年末のまで最盛期となりますので、せひ美味しいズワイガニを堪能したいですね。

    a

    ことしもあと1カ月。村上市庄内町では、1日から始まる恒例行事「越後村上鮭(さけ)塩引き街道」の準備作業が30日、進められた。道沿いの町屋のひさしや軒先に正月の食卓を飾る塩引き鮭約150本がつり下げられた=写真=。
     塩引き街道は、鮭文化を知ってもらおうと村上市観光協会が毎年、12月1日に始めている。30日は地元の旅館などが作った塩引き鮭を観光協会のスタッフや地元の村上東中学校の生徒ら約15人が2時間にわたって作業。約300メートルの街道の両側には鮭がずらりと並んだ。
    塩引き街道は20日まで。年の瀬に向け、街道は師走の風情と鮭の匂いに包まれる。

    引用 新潟日報

    @管理人ひとこと
    村上市で今年も塩引き街道の準備作業が行われました。
     塩引き鮭を吊るした軒先が、50本の鮭で飾る村上の名所となっているのですが、これは毎年恒例で行われています。昨年もそういった記事がありましたが、今年も始まった見たいですね。管理人は実際には見たことがありませんがテレビで見た程度です。実際に見たら凄いんだろうなと思いつつ、実際には行ってみたいのですが寒いので無理そうです。
     300mにわたり両側に吊るされた鮭は圧巻だと思います。塩引き街道は20日まで吊るされているそうなので、見てみたい方はぜひ行ってみてくださいね。塩引き鮭のいい香りがするかもしれませんよ。(多分塩引き鮭の後はクリスマスイルミネーションになるのかな・・・。)

    a

    新潟特産のニシキゴイを多くの人に見てもらおうと新潟市の朱鷺メッセに観賞用の巨大水槽が設置されました。
    新潟市の朱鷺メッセにお目見えした巨大水槽。
    泳ぐ宝石とも例えられる新潟特産のニシキゴイを広くPRしようと県が設置しました。
    長岡市山古志や小千谷市で育てられた20匹が展示され去年発表されたばかりの新品種、黄白(きじろ)も楽しめます。
    昨年度の輸出額は18億円と海外での人気が高まるニシキゴイ。
    朱鷺メッセは来年春のG7農業大臣会合の会場にもなるため関係者は、さらなる認知度アップを期待していました。

    引用 BSN

    @管理人ひとこと
    錦鯉を知ってもらう為に、新潟市のトキメッセに観賞用の水槽が展示されました。
     トキメッセといえばイベントなどに使われる場所ですね。管理人も何回か行ったことがありますが、なかなかいい場所だと思います。(あまり詳しくありませんけど。)何かとイベントがあったり、来年の3月?頃には新潟酒の陣とか、県外でも有名なイベントがあったりと、たくさんの方々が来る場所です。そういった点でもトキメッセはいい場所なのかもしれませんね。 
     これからもっと錦鯉の海外での輸出が期待されていますので、こういったPRも大切になるかもしれませんね。新潟県名産錦鯉がもっと有名になって、たくさんの方に知られて欲しいですね。

    このページのトップヘ

    新潟県釣り情報
    アクセスランキング