RSS

    カテゴリ: 新潟県ニュース

    a

    上越市西本町4の市立水族博物館の大型水槽が25日までクリスマスムードに包まれている。青と白の発光ダイオード(LED)約2千個に彩られ、サンタ姿のダイバーが水中で餌やりのパフォーマンスを披露している。
     ことし4月、横浜八景島(横浜市)が指定管理者になってから初のクリスマス企画。大型水槽は高さ5・5メートル、幅7メートルで、サメやエイ、アジなど約5千匹が泳ぎ回っている。
     サンタダイバーは平日は1日2回、土日祝日は1日3回登場し、アジなどにプランクトンを与える。入館者が希望すれば、水槽越しにサンタダイバーと記念撮影できる。
     8日に学校行事で訪れた南魚沼市の六日町小学校2年の男子児童(8)は「サンタと魚と一緒に写真を撮れて楽しかった」と喜んでいた。
     大型水槽の前には海水の入ったワイングラスを5段に積み上げ、ライトアップした展示もあり、一部のグラスの中では小さなクラゲが飼育されている。サンタカラーの赤と白の色彩を持つエビや、トナカイの角のような突起物があるフグも特別展示している。
    問い合わせは同館、025(543)2449。

    引用 新潟日報

    @管理人ひとこと
    上越市立水族博物館で大型水槽にサンタ姿のダイバーが、水中餌やりパフォーマンスを披露しています。
     もうすぐクリスマスということもあり、水族館ではサンタ姿で水槽にいる魚に餌やりをしています。大型水槽は高さ5.5m、幅7mと巨大な水槽です。中にはサメ、エイ、アジなど5000匹の魚が泳ぎ回り様々な魚種を観測できます。平日は1日2回、土日祝日は1日3回登場して餌やりをするそうです。希望すれば記念撮影のサービスもあるそうですよ。
     なかなか面白そうなイベントですね。管理人は服を着て泳ぐダイバーは大変そうだなと思ってしまい、純粋に楽しめなさそうです。多分。
    このイベントはクリスマス当日まで行われていますので、サンタ姿のダイバーと記念撮影や餌やりを見たい方はぜひ行ってみてくださいね。

    a

    冬の佐渡を代表する味覚、寒ブリの魅力をPRする「佐渡海府寒ぶり大漁まつり」が6日、佐渡市鷲崎の鷲崎漁港で開かれ、島内外から多くの人が訪れた。生きのいい旬の寒ブリを次々に買い求め、あら汁などをおいしそうに味わった。
     まつりは地元漁協などでつくる実行委員会が主催し、ことしで20回の節目を迎えた。
     鷲崎沖や黒姫沖で捕れた魚の販売では、この日朝水揚げされた寒ブリ約150本のほかに、サバやカワハギなども並び、にぎわいを見せていた。
     3匹のブリを水槽の中で泳がせ、1着にゴールするブリを予想する恒例の「寒ぶりレース」では、大人と子どもが「行け、頑張れ」などと声援を送り、一緒になって楽しんだ。
     小学生以下限定の「魚つかみ大会」では参加した子どもたちが、勢いよく跳ねて逃げようとする魚に苦戦しながら、力いっぱい引き上げて袋に詰めた。
     東京から訪れた会社員女性(42)は「初めてブリを丸ごと1本買った。漁師が魚をさばく姿も見られたし、来たかいがあった」と満足そうに話した。

    引用 新潟日報

    @管理人ひとこと
    佐渡海府寒ぶり大漁まつりが6日、佐渡市鷲崎の鷲崎漁港で開かれました。
     今年で20回目の寒ブリ祭りで、佐渡以外からも多くの方々が訪れたそうです。祭りでは寒ブリを買う方やアラ汁を堪能する方がたくさんいたそうです。中でも魚のつかみ取りで写真であるように、大きな魚を捕まえていますね。魚は結構暴れるし重いし、それを持ち上げるのは凄いです。(写真は多分イナダかな?)寒ぶりレースという3匹の寒ブリを泳がせて1位を競うレースもあったりして、子供や大人も楽しめるイベントもあり大いに盛り上がったみたいですね。
     東京から訪れた方も来たかいがあったと満足したそうです。今年は終わってしまいましたが来年も開催されると思いますので、佐渡に佐渡産の寒ブリを堪能しに行ってみては如何でしょうか?

    a

     信濃川を上って来たサケから採卵し、人工授精した卵からふ化したサケが、新潟市中央区のマリンピア日本海の信濃川水槽で展示されている=写真=。

     5日にふ化したばかりの約200匹のサケを展示。体長は2センチほどで、腹部についた袋にある、卵黄から栄養を吸収して成長する。2カ月ほどで泳ぎ始め動物プランクトンなどのエサを食べるようになるという。

     サケの飼育を担当している田村広野さん(45)は「サケは新潟になじみの深い魚。成長を間近で見てほしい」と呼び掛けている。家族で訪れた燕市の主婦(31)は「ふ化したばかりのサケは初めて見た。小さいですね」と驚いていた。展示は2月末ぐらいまでの予定。


    引用 新潟日報


    @管理人ひとこと

    マリンピア日本海の信濃川水槽で、人工授精してふ化した鮭の赤ちゃんが展示されています。

     信濃川を上ってきた鮭を人工授精して、ふ化した鮭を水槽に展示しているそうで、約200匹の鮭の赤ちゃんが居るそうです。体長も2cmと小さいです。腹部についた袋にある、卵黄から栄養を吸収して成長するそうですが、昔学校の教科書で見たことあります。2カ月ほどでプランクトンを食べるまでに成長します。とても管理人は懐かしい感じです。理科でならったような。

    展示は2月末ぐらいまでなので、もしよかったら見てくださいね。もしかしたら学校で習った、映像や教科書で見たことある鮭が居るかもしれませんね。

    a

    佐渡市の両津湾で8日朝、頭から尾までの全長がおよそ2メートルあるイトマキエイが水揚げされた。両側の翼のようなひれを広げて測ると幅も約1・7メート ルある大物。佐渡近海で捕まるのは珍しく、水産関係者も「これだけ大きなものは10年以上水揚げがなかったようだ」と驚いていた。
     加茂水産定置網組合が佐渡市白瀬の沖合に仕掛けた寒ブリの定置網に掛かった。水揚げ後、毒針がある長い尾が切り落とされた。
     県佐渡地域振興局農林水産振興部によると、イトマキエイは日本海にも生息するが、「頻繁に見られる魚ではない」という。
     水揚げされた佐渡水産物地方卸売市場では、仲買人らが「珍しい」「大きい」などと口々に話しながら眺めていた。

    引用 新潟日報

    @管理人ひとこと
    両津湾で定置網にイトマキエイが掛かり水揚げされました。
     2mもある巨大な魚体で、10年ぶりに捕獲されたみたいです。幅も1.7mと大きな座布団ですね。寒ブリの定置網に掛かったそうですが、イトマキエイニは毒針があるそうなのでもしかしたらブリが刺されたのかな?多分無いと思いますが、あまりいいものではないですね。
     県佐渡地域振興局農林水産振興部によると、イトマキエイは日本海にも生息するが、「頻繁に見られる魚ではない」という。とのことなので、本当に珍しいんですね。仲買人のかたも珍しいと言うぐらいなので、めったにお目にかかれないですね。
    水温が高いためイトマキエイが日本海側に迷い込んだそうです。う~ん、温暖化かな?多分。イトマキエイはその後どうなったんでしょうか?練り物にでもなったんでしょうか?

    a

    国産農産物の消費拡大に取り組む団体や企業などを表彰する「フード・アクション・ニッポン・アワード2015」で、サケの魚醤(ぎょしょう)「最後の一 滴」を開発した糸魚川市の海洋高校が審査委員特別賞を受賞した。高校の受賞は珍しいという。生徒は「受賞するとは思わなかった。商品が認められてうれし い」と喜んでいる。
     農林水産省や有識者らでつくる実行委員会が主催し、7回目。全国から865件の応募があった。海洋高は商品部門(食品産業分野)に登録していた。
     最後の一滴は、地元でイクラを採った後に捨てられるサケを有効利用しようと生徒が2013年、部活動で開発した。同校の同窓会「能水会」や市と連携し、「シーフードカンパニー能水商店」を設立、4月から校外の工場で製造している。
     商品名はサケが川に戻り最期を迎えることと、料理の最後に加えるとおいしくなることから名付けた。濃厚なうまみが特徴で、くせが少なく、ほのかに魚の香りが広がる。しょうゆのように使っても、料理の隠し味として加えてもいい。
     市内の道の駅やスーパー、インターネットなどで200ミリリットル970円(税抜き)、100ミリリットル635円(同)で販売され、人気商品となっている。販路拡大に向け、生徒はイベントや首都圏などで商品PRにも取り組んでいる。
    3年の笠原大吾部長(17)は「これからも良い商品を作り、県内外でも知ってもらえるよう発信したい」、2年の三沢甲斐君(17)は「生産を増やしても品質を落とさず、工場の衛生管理も勉強したい」と力を込めた。

    引用 新潟日報

    @管理人ひとこと
    フード・アクション・ニッポン・アワード2015で、糸魚川市の海洋高校の開発した魚醤、最後の一 滴が審査委員特別賞を受賞しました。
     フード・アクション・ニッポン・アワードは、国産農産物の消費拡大に取り組む団体や企業などを表彰するそうで、海洋高校が企業としてではなく学校で受賞し、とても栄誉がある受賞みたいです。とにかく凄い受賞です。
     最後の一滴についてはこのブログでも記事にしましたが、鮭を利用した魚醤でとても美味しく、県内でも話題になりました。あの最後の一滴が審査委員特別賞を受賞したんです。とても凄いですね。
     糸魚川市の道の駅やスーパーやインターネットなどにも売っているそうなので、この商品を買う機会があったら審査委員特別賞を受賞した凄い魚醤ということを思い出して欲しいですね。これからも海洋高校の生徒さんには期待ですね。

    このページのトップヘ

    新潟県釣り情報
    アクセスランキング