a

 信濃川を上って来たサケから採卵し、人工授精した卵からふ化したサケが、新潟市中央区のマリンピア日本海の信濃川水槽で展示されている=写真=。

 5日にふ化したばかりの約200匹のサケを展示。体長は2センチほどで、腹部についた袋にある、卵黄から栄養を吸収して成長する。2カ月ほどで泳ぎ始め動物プランクトンなどのエサを食べるようになるという。

 サケの飼育を担当している田村広野さん(45)は「サケは新潟になじみの深い魚。成長を間近で見てほしい」と呼び掛けている。家族で訪れた燕市の主婦(31)は「ふ化したばかりのサケは初めて見た。小さいですね」と驚いていた。展示は2月末ぐらいまでの予定。


引用 新潟日報


@管理人ひとこと

マリンピア日本海の信濃川水槽で、人工授精してふ化した鮭の赤ちゃんが展示されています。

 信濃川を上ってきた鮭を人工授精して、ふ化した鮭を水槽に展示しているそうで、約200匹の鮭の赤ちゃんが居るそうです。体長も2cmと小さいです。腹部についた袋にある、卵黄から栄養を吸収して成長するそうですが、昔学校の教科書で見たことあります。2カ月ほどでプランクトンを食べるまでに成長します。とても管理人は懐かしい感じです。理科でならったような。

展示は2月末ぐらいまでなので、もしよかったら見てくださいね。もしかしたら学校で習った、映像や教科書で見たことある鮭が居るかもしれませんね。