a

<釣り情報・村上・岩船>9月4日

 荒川河口、寒川で10~15センチのキスが釣れている。岩船港や野潟では8~16センチのアジや、15~18センチのカマスが上がる。鵜泊はクロダイが狙い目。三面川河口で10センチ前後のハゼ30~60匹の釣果。

<釣り情報・新潟市北区・聖籠など>9月4日

 新潟東港の西側や第2東堤防などで5~15センチのアジが釣れている。ルアー釣 りやサビキ釣りで5~50匹。10~20センチのカマスも上がる。イナダは40~50センチが1、2匹。クロダイは消防署裏や排水口などで20~40セン チが1~3匹。釣り方はダンゴ、フカセ、前打ち、夜の探り釣り。キスは島見付近や網代などで10~20センチが1~15匹。投げ釣りで、早朝と夜がお薦 め。湾内ではハゼも交じる。船釣りでは、アジは電気釣りで20~30センチが10~30匹。キスは10~25センチが10~30匹。

<釣り情報・新潟市中央区・西区など>9月4日

 豆アジや小アジが日和山堤防や各漁港で釣れている。朝夕を中心に、アミコマセを 使ったサビキ釣りで100~200匹。キスは小針浜、青山海岸など西区一帯で上がる。ピンギス中心だが、20センチ級も交じる。投げ釣りで、餌はジャリメ やチロリ。ルアー釣りでは夜間にスズキが釣れ、60センチ級が多くて2匹。各堤防や漁港では、エギングで胴長約10センチのアオリイカも釣れ始めている。 エギは2~2・5号を使い、1~5匹。今後に期待できる。船釣りでは、夜釣りでアジ、サバが好調だ。40センチ級の大型も交じる。

<釣り情報・寺泊>9月4日

 船釣りは0・5~3・7キロのマダイが船中1~12匹釣れる。20~35センチ のハナダイが船中20~30匹釣れるほか、レンコダイ、サバ、イナダも交じる。サビキ釣りで釣れた生きたアジを餌にする泳がせ釣りで、1~2キロのヒラメ が船中2~6匹釣れ、中には5・3~5・6キロの大型ヒラメが釣れた船もあった。その他、キジハタ、クロソイも交じる。25~45センチのアマダイが船中 15~40匹釣れている。ウィリー釣りでは、レンコダイ、サバ、イシモチなども交じって五目釣りが楽しめる。夜釣りでは胴長20~40センチのアカイカが 1~3匹と数が減ってきている。サビキ釣りでは20~30センチのアジが20~50匹。サバが10~20匹釣れる日もあるが、潮の状況によっては釣果が不 安定になる。寺泊港周辺は、港内でのサビキ釣りで朝夕まずめ時に10~15センチの小アジが20~50匹釣れる。その他、15センチくらいの小サバやシマ ダイも交じる。消波ブロックやシーサイドライン獅子ケ鼻でのサビキ遠投釣りやルアー釣りで15~20センチのカマスが20~40匹釣れる。落水海岸や野積 海岸、シーサイドラインの砂浜からの投げ釣りで、ジャリメを餌に12~18センチのキスが5~15匹。明け方が勝負で日中はフグが多い。

<釣り情報・柏崎>9月4日

 柏崎港周辺では、ウキ釣り、サビキ釣りで小アジが釣れる。シマダイ、メジナの幼 魚なども交じる。朝夕まずめ時はカマスサビキで15~20センチのカマスが狙える。西防波堤管理釣り場では、カマス、マダコ、キジハタ、キスなどが釣れて いた。ハゼ釣りは上流まで釣れるが、まだ小さい。ルアー釣りはシーバス、マゴチ、キジハタ狙い。船釣りは沖釣りでハチメ、近海ではサビキ釣りでアジが大小 交じって釣れた。アジを餌にして、キジハタ、ヒラメが釣れた。

<釣り情報・上越>9月4日

 直江津港周辺でカマスがよく釣れる。サビキ釣りで15~20センチが5~20 匹。アカアミを餌に15~20センチのサヨリが5~30匹。サビキの垂らし釣りで小アジとコノシロ、シマダイが交じり5~30匹。投げ釣りでキスが 5~20匹、ウキを付けた投げサビキ釣りでは20~25センチのアジが2~10匹。アジの泳がせ釣りではヒラメやキジハタ、マゴチが数匹。ルアーでスズキ が数匹、メタルジグではイナダ、サワラが数匹。関川河口などで15センチ前後のハゼが投げ釣りで5~30匹上がる。船釣りは、水深10~20メートルでカ マスが10~50匹。20~30メートルで25~30センチのアジが5~20匹。30~70メートルでアジ、マダイ、ソイ、ウマヅラハギ、キジハタが交じ り、計2~10匹。100~120メートルでオキメバル、マイカが5~20匹上がる。

<釣り情報・糸魚川>9月4日

 親不知、姫川、浦本、小泊の各港で6~7センチのアジが50~100匹釣れる。 各港の消波ブロック周辺からの壁釣りで、25センチのキジハタ、15センチのカサゴが計5匹ほど上がる。青海、押上、浦本の各海岸では10~15センチの キスが20匹前後。姫川、早川の両河口周辺と木浦海岸では60センチ級のスズキが1、2匹期待できる。

釣り情報・佐渡>9月4日

 クロダイは七浦、前浜、加茂湖で30~45センチが1~8匹掛かる。イシダイは 外海府、前浜で30~50センチが2、3匹期待できる。スズキは国府川、加茂湖で40~70センチが1、2匹。クロダイ、マゴチも交じる。カマスは全島で 15~20センチが20~60匹で、イナダも掛かる。アジは全島の港内で15~20センチが10~20匹上がる。ヒラメは内海府で40~60センチが1、 2匹。マゴチも交じる。


引用 新潟日報




@管理人コメント
雨ですね。最近気温が下がって体調不良気味です。秋っぽくない天候なのですね。
釣り情報が更新されました。
 餌釣りは、三面川河口で10cm前後のハゼが30~60匹、日和山堤防や各漁港で豆アジや小アジがサビキ釣りで、100~200匹とたくさん釣れています。柏崎港周辺では、カマスが朝夕まずめ時カマスサビキで15~20cmが狙え、 直江津港周辺はアカアミを餌に15~20cmのサヨリが5~30匹釣れています。
 ルアー釣りは、前にツイッターで紹介したようにアオリイカが釣れ初めているそうです。その他にもルアーでカマスが県内各地で釣れています。
 今週は雨や曇りとなります。台風が接近して天候が荒れますが、土曜日付近から晴れる予報です。気温も急に低くなったので、体調の管理にも気を付けたいですね。
これから秋の釣りなので、体調などに気を付けて魚釣りを楽しみたいですね。