a

<釣り情報・村上・岩船>8月21日

 三面川河口、荒川河口で8~10センチのハゼが釣れ始めた。25~45センチの クロダイは寝屋、馬下などで上がり、マダイも交じるときがある。鵜泊、寝屋などで8~16センチのアジが20~50匹釣れている。10~13センチのキス は浜新保、寒川駅周辺で20~30匹の釣果。

<釣り情報・新潟市北区・聖籠など>8月21日

 新潟東港の西側や第2東堤防などでアジが釣れている。ルアー釣りやサビキ釣りで 5~15センチが5~50匹。早朝、夜がお薦め。10~20センチクラスのサヨリも釣れており、ウマズラ、シマダイ、カマスも交じる。イナダはルアーや餌 釣りで40~50センチが1、2匹。湾内の各岸壁や消防署裏などでは10~25センチのメバルが上がる。ルアーや餌釣りで1~3匹。クロダイは西側、排水 口などで20~40センチが1~3匹。釣り方はダンゴ、フカセ、前打ち、夜の探り釣り。アジ、メジナも交じる。キスは島見付近や網代などでの投げ釣りで、 10~20センチが1~15匹。早朝がいい。湾内ではハゼも交じる。船釣りでは、アジは電気釣りで20~30センチが20~40匹。キスは10~25セン チが10~20匹。マダイはルアーや餌釣りで30~60センチが釣れている。

<釣り情報・新潟市中央区・西区など>8月21日

 新潟西港付近や巻漁港周辺でカマスが釣れてきた。サイズは15センチ前後で、多 い人で50匹以上の釣果。サビキ釣りで、針の大きさはアジ用の5号くらいがいい。両港近くでは小アジや豆アジも上がり、多くて100匹以上。キスは青山海 岸や四ツ郷屋浜で釣れている。投げ釣りで10~20センチが30匹。

<釣り情報・寺泊>8月21日

 船釣りは海水温が高く、ハナダイの活性が良いので先に餌を食べてしまい、マダイ の釣果は0・5~3・9キロが船中1~10匹と数がいまひとつ。その他、アジ、サバ、レンコダイも交じる。サビキ釣りで釣れた生きたアジを餌にした泳がせ 釣りで、1~1・2キロのヒラメが船中1~3匹釣れるほか、3~6・3キロのワラサや1キロ前後のキジハタやクロソイも交じって釣れる。夜釣りでは胴長 15~35センチのアカイカが0~5匹釣れ、サビキ釣りでは20~30センチのアジが20~80匹とサイズはやや小さくなったが、数釣りが楽しめる。その 他、35センチのサバも交じる。30~45センチの良型のアマダイ交じりで1~9匹釣れている。その他、アジやサバ、レンコダイも交じる。付け餌はオキア ミを使用し、2キロ前後のアミコマセが必要。寺泊港周辺は港内でのサビキ釣りで朝夕まずめ時に6~7センチの小アジが10~50匹釣れている。日中はシマ ダイやフグが多い。仕掛けは2・5~3号のトリックサビキ。港内で12~13センチのサヨリが釣れ始めている。まだ小さいため、トリックサビキの1・ 5~2号にウキを付けて釣るのがお薦め。落水海岸や野積海岸、間瀬海岸などのシーサイドラインの砂浜での投げ釣りで、ジャリメや青イソメを餌に10~17 センチのキスが10~30匹釣れる。消波ブロック付近では15センチのカマスが釣れ始めている。

<釣り情報・柏崎>8月21日

 柏崎港周辺では、サビキ釣りで小アジが釣れる。小サバ、サヨリ、シマダイなどが 交じる。朝夕はカマスサビキ、小型のメタルジグなどで小型のカマスが釣れる。西防波堤管理釣り場では、キス、キジハタ、アジなどが釣れていた。河口付近で は、ちょい投げでハゼが釣れ始めた。キス釣りは米山方面などで5~20匹ほどの釣果。船釣りは沖釣りでハチメが良型交じりで30~50匹以上の釣果。アカ イカ釣りで5~30匹ほどの釣果。近海ではキジハタ、シーバス、キスが釣れていた。

<釣り情報・上越>8月21日

 直江津港周辺ではサヨリが釣れている。アカアミを餌に10~15センチが 10~50匹。サビキの垂らし釣りで小アジとコノシロ、シマダイが交じり5~30匹。投げ釣りでキスが5~20匹、ウキを付けた投げサビキ釣りでは 20~25センチのアジが2~10匹上がる。カマスも少し見え始めた。アジの泳がせ釣りではヒラメやキジハタ、マゴチが数匹。ルアーでスズキが数匹、メタ ルジグではイナダ、サワラが2~5匹。関川河口などで10センチ前後のハゼが投げ釣りで5~30匹上がる。船釣りは、水深30~70メートルでアジ、マダ イ、ソイ、ウマヅラハギ、キジハタが交じり、計2~10匹。100~120メートルでオキメバル、マイカが5~20匹上がる。

<釣り情報・糸魚川>8月21日

 親不知、姫川、浦本、小泊の各港で5センチほどのアジが50~100匹釣れる。 消波ブロック周辺の壁釣りで20~25センチのキジハタ、15センチのカサゴが計5匹前後。キスは青海、押上、大和川の各海岸で10~15センチが30匹 前後上がる。スズキは姫川、海川、早川の各河口周辺で60センチ級が1、2匹狙える。

<釣り情報・佐渡>8月21日

 七浦、前浜のウキ釣りで、20~40センチのクロダイが1~6匹、20~30セ ンチのメジナが1~8匹上がる。メバル、ソイ、イシダイ、アジも交じる。アジは全島の港内で、15~20センチが10~50匹狙える。夜のルアー釣りで は、ソイ、キジハタも掛かる。キスは内海府、真野湾で15~20センチが10~30匹で、メゴチ、アイナメ、ベラも交じる。スズキは国府川、加茂湖で 40~70センチが1、2匹上がり、40センチ前後のクロダイ、40~50センチのマゴチ、35センチ前後のアイナメも掛かる。

引用 新潟日報


@管理人コメント
最近は突然の雨に驚きますね。雨が降ったりするのが久しぶりの場所もあったと思います。新潟県も縦に長いので雨の降る降らない差があったりしますね。
今週の釣り情報が更新されました。
 餌釣りは、村上・岩船では8~10cmのハゼが釣れ始め、糸魚川では各港で5cmほどのアジが50~100匹釣れています。寺泊港内で12~20cmのサヨリが釣れ始め、新潟東港付近では、キスは10~25cmが10~20匹釣れています。
 ルアー釣りは、 新潟東港でイナダがルアーで40~50cmが1~2匹。柏崎港周辺では型のメタルジグなどで、小型のカマスが釣れ、 直江津港周辺ではルアーでスズキが数匹、佐渡の夜のルアー釣りで は、ソイ、キジハタも釣れているそうです。
 県内の天候は晴れや曇りが多くなります。ですが台風の影響により変わるかも知れません。気温も高く蒸す日が続くかもしれません。なので水分の補給はこまめにして欲しいです。ちょっと暑さに体調を崩す方もいるかもしれませんので、無理せず体調に気を付けてください。魚釣りに行ける方はぜひ楽しんできてくださいね。