RSS

    a
    1月中の公開交通取締り

    月日曜  取締重点 昼夜別 署別   月日曜   取締重点 昼夜別 署別
    1月1日
    携帯電話 新潟東 1月17日
    携帯電話 西蒲
    南魚沼 胎内
    飲酒 西蒲 飲酒 新潟中央
    新発田 小出
    1月2日
    交差点 新潟中央 1月18日
    交差点
    十日町 阿賀野
    飲酒 飲酒 新潟西
    村上 南魚沼
    1月3日
    交差点 新潟西 1月19日
    交差点 加茂
    柏崎 津川
    飲酒 加茂 飲酒 江南
    胎内 十日町
    1月4日
    シートベルト 江南 1月20日
    シートベルト 見附
    上越 五泉
    飲酒 見附 飲酒 新潟北
    阿賀野 柏崎
    1月5日
    携帯電話 新潟北 1月21日
    携帯電話 長岡
    妙高 秋葉
    飲酒 長岡 飲酒 佐渡西
    津川 上越
    1月6日
    交差点 佐渡西 1月22日
    交差点 与板
    糸魚川 三条
    飲酒 与板 飲酒 佐渡東
    五泉 妙高
    1月7日
    シートベルト 佐渡東 1月23日
    交差点 小千谷
    長岡 新潟南
    飲酒 小千谷 飲酒 新発田
    秋葉 糸魚川
    1月8日
    携帯電話 新発田 1月24日
    チャイルドシート 小出
    新潟東 西蒲
    飲酒 小出 飲酒 村上
    三条 上越
    1月9日
    交差点 村上 1月25日
    携帯電話 南魚沼
    新潟中央
    飲酒 南魚沼 飲酒 胎内
    新潟南 新潟東
    1月10日
    チャイルドシート 胎内 1月26日
    交差点 十日町
    新潟西 加茂
    飲酒 十日町 飲酒 阿賀野
    西蒲 新潟中央
    1月11日
    携帯電話 阿賀野 1月27日
    携帯電話 柏崎
    江南 見附
    飲酒 柏崎 飲酒 津川
    新潟西
    1月12日
    交差点 津川 1月28日
    交差点 上越
    新潟北 長岡
    飲酒 上越 飲酒 五泉
    加茂 江南
    1月13日
    携帯電話 五泉 1月29日
    交差点 妙高
    佐渡西 与板
    飲酒 妙高 飲酒 秋葉
    見附 新潟北
    1月14日
    シートベルト 秋葉 1月30日
    シートベルト 糸魚川
    佐渡東 小千谷
    飲酒 糸魚川 飲酒 三条
    長岡 佐渡西
    1月15日
    交差点 三条 1月31日
    携帯電話 新潟東
    新発田 小出
    飲酒 江南 飲酒 新潟南
    与板 佐渡東
    1月16日
    シートベルト 新潟南        
    村上
    飲酒 新潟東
    小千谷


    新潟県警察では、この他にも県内各所において、昼夜を問わず交通事故防止のため交通指導取締りを実施しています。 交通ルールを守り、安全運転に努めてください!!

    引用 新潟県警察

    @管理人コメント
    魚釣りには車の運転が必要ですよね。交通事故のないように、安全運転を心がけて欲しいと思います。このブログをみてくださっている方が、少しでも事故や怪我がなくなるように願っています。

    1: 孤高の旅人 ★ 投稿日:2015/12/27(日) 17:40:14.40 ID:CAP
    上越の正月に欠かせないサメの競り 一印上越魚市場
    2015年12月27日 (日) 16:16
    a
    https://www.joetsutj.com/articles/29616979

     新潟県上越市木田3の一印上越魚市場(尾崎徹社長)で2015年12月27日、
    年末恒例のモウカザメの競りが行われた。競り人の威勢の良い声が響く中、
    氷の上に置かれた20匹のサメを鮮魚店やスーパーの鮮魚担当者らが競り落としていった。

     上越地方では特に山間部で正月料理に煮こごりなどが昔から食べられている。
    サメの肉にはアンモニア成分が多く、独特の臭みがある反面、腐りにくいことなどから
    昔から山間部に暮らす人々の貴重なタンパク源となってきた。同市場では毎年、
    暮れの27日にサメの競りを行っており、今年は宮城県の気仙沼港に26日に水揚げ
    された重さ50?90kgの20匹が入荷した。尾崎社長によると「昨年より10匹ほど少ないが、
    鮮度はとても良い。今日は(刺し身の)試食も用意した」。

     サメは1匹を4、5等分に切られ、氷が敷かれた上に並べられた。午前7時、競りの
    開始を知らせる鐘の音が鳴り響くと、同市場営業一部の寺嶋啓太郎部長が競り人となり、
    サメを囲んだ買い手たち約30人がテンポよく競り落としていった。

     上越地域スーパーの担当者は「昔よりはサメの消費量は落ちているが、
    正月にぬたや煮こごりを食べる所も多い。今日のサメは鮮度が良い。
    すぐに仕込んで店頭に並べたい」と話していた。

    【【新潟】上越の正月に欠かせないサメの競り 一印上越魚市場】の続きを読む

    a

    佐渡市の活ナンバンエビはエビ籠漁で採れたものが佐渡市多田にある「佐渡海洋深層水分水施設」に運ばれます。雑菌のいない4度という低温に保たれた海洋深 層水で蓄養。さらに海洋深層水と氷を入れて梱包し生きたまま出荷されます。年末年始は忘新年会用などの注文が多く入っていて生きたまま届くエビは好評でリ ピーターが増えているということです。出荷は年内は28日まで。新年は5日から始まります。

    引用 UX

    @管理人ひとこと
    佐渡の活ナンバンエビが行われたそうです。
     お!ナンバンエビですね。ナンバンえびって美味しいですよね。記事によると佐渡で獲れたナンバンエビを佐渡の海洋深層水で出荷したそうです。雑菌のいない4℃の低温に保たれた状態で出荷すると、生きたままで新鮮な状況で届くそうです。毎回思いますがこういった輸送技術は凄いですね。
     このナンバンエビは年末年始の注文分だそうなので、この記事を書いた今日はちょっと無理ですね。ですが来年の5日からまた始まるそうなので、欲しい方は来年にぜひ注文してみてくださいね。
     

    a

     村上市三之町の市勤労者総合福祉センターで20日、塩引き鮭(さけ)の出来栄えを競うコンテストが開かれた。「三ノ丸流」と呼ばれる地域に古くから伝わる製法で作った塩引き鮭29本が出品され、審査員は色合いや干し具合などを1本ずつ丁寧に見て回った。
     村上市の鮭文化をPRしようと10月から始まった越後村上鮭塩引きまつりの一環。三面川鮭産(けいさん)漁業共同組合などでつくる実行委員会が初めて開いた。
     三ノ丸流は鮭の腹を開くときに一部をくっつけたままにし、尻尾を上にしてつるす。切腹や首つりのイメージを嫌う村上の伝統製法だ。
     コンテストでは参加者が1分半ずつ、気をつけたことや見てもらいたいポイントなどをアピールした。最優秀賞に選ばれた村上市の主婦高橋由美子さん(65)は「塩引き鮭作りはとても奥が深い。これを励みに今後も作り続けていきたい」と話した。
    奥村芳人審査員長(48)は「古く、深い村上の鮭文化を今後も守ってほしい」と語った。

    引用 新潟日報

    @管理人ひとこと
    塩引き鮭のできばえを競うコンテストが村上市で行われました。
     コンテスト!?塩引き鮭のコンテストですか。村上市の鮭文化をPRしようと10月から始まったそうですが、正直管理人は塩引き鮭の大まかな違いがよくわかりません。多分違うと思いますが、詳しくないので・・・。その道の方は違いがわかるんだと思います。多分。
     村上の塩引き鮭って何かとイベントが有りますね。市がここまで押すのは凄いです。最優秀賞を貰ったかたはこれからも塩引き鮭を作り続けて欲しいですね。しかし村上の塩引き鮭への情熱は凄いです。

    a

    <釣り情報・村上・岩船>12月25日

     鵜泊、脇川で15~20センチ前後のアイナメが釣れている。勝木周辺で15センチ前後のサヨリが3、4匹狙える。岩船港で6~8センチのアジが釣れる。30~40センチのクロダイが馬下で上がる。

    <釣り情報・新潟市北区・聖籠など>12月25日

     新潟東港の西側や第2東堤防などでアジが釣れている。ルアー釣りやサビキ釣りで 5~20センチが20~60匹。カタクチイワシやマイワシも交じる。メバルはルアーや餌釣りで10~20センチが1~4匹。湾内などで40~50センチの サワラが1~5匹。クロダイは消防署裏や排水口などで狙える。20~40センチが1~7匹。釣り方はダンゴ、フカセ、前打ち、夜の探り釣り。アジ、メジナ も交じる。カレイは投げ釣りで20~30センチが1~4匹。

    <釣り情報・新潟市中央区・西区など>12月25日

     新潟西港周辺でシーバスが夜から早朝にかけて釣れている。ルアー釣りで、大きさ は最大90センチ、多くて4匹。メバルやカサゴは波の穏やかな日に釣れている。ワームや小型プラグを使ったルアー釣りで、20センチ前後が約10匹。クロ ダイは関屋、青山、角田などのサーフで狙える。ぶっ込み釣りで45~50センチが1、2匹。餌はユムシ。

    <釣り情報・寺泊>12月25日

     船釣りは冬型の天候が続き、ほとんど出船できなかったが、20日の出船では0・ 4~4・5キロのマダイが船中で2~18匹釣れ、中には9・4キロの超大型マダイが釣れた船もあった。そのほか、アジ、サバ、イナダ、レンコダイなども交 じる。サビキ釣りで15~30センチのアジが5~20匹釣れるほか、1キロ前後のキジハタが1~10匹、クロソイ、メバルなどの根魚も釣れる。寺泊港周辺 は港内でのサビキ釣りで、10~12センチのカタクチイワシが30~100匹以上釣れている。仕掛けはトリック仕掛けやパニック仕掛けの2・5~3号がお 薦め。

    <釣り情報・柏崎>12月25日

     柏崎港周辺では、サビキ釣りでコノシロが釣れる。アジやイワシも交じる時もあ る。投げ釣りではハゼが釣れる。ルアー釣りは柿崎や石地方面で、ミノーで50~70センチのシーバスが釣れ、メタルジグでサワラ、イナダが釣れていた。ク ロダイ釣りは、なぎさ釣り、さぐり釣りなどで35~45センチが1~2匹の釣果。船釣りは、ジギングでワラサが多数。7キロ、8キロサイズも交じって釣れ ていた。

    <釣り情報・上越>12月25日

     直江津港周辺では、アジ、サワラが釣れている。サビキの垂らし釣りで15~20 センチの小アジにコノシロが交じり計2~20匹。ウキを付けた投げサビキ釣りでは25センチ前後のアジが2~5匹。ルアーで40~50センチのイナダとサ ワラが2~10匹上がる。穴釣りで20センチ前後のメバルやアイナメ、ソイが計2~10匹。タコテンヤでマダコが数匹。オキアミなどを餌に40~50セン チのクロダイが数匹。アジの泳がせ釣りではヒラメやキジハタが数匹。ルアーで40~50センチのスズキが数匹。船釣りは、水深20~30メートルでアジが 5~30匹上がった。30~70メートルでアジ、マダイ、ソイ、ウマヅラハギ、キジハタ、サワラが計2~10匹。50~100メートルでイナダ、ワラサが 2~10匹。

    <釣り情報・糸魚川>12月25日

     青海海岸で30センチほどのイナダ、30~40センチのサワラがそれぞれ1~5 匹狙える。親不知、姫川、浦本、小泊の各港では7~8センチのアジが50匹前後。サヨリも15~20センチが50匹ほど上がる。消波ブロック周辺では壁釣 りで20~30センチのキジハタ、15センチのカサゴが計5匹程度期待できる。

    <釣り情報・佐渡>12月25日

     マダイは外海府、七浦での浮き釣りで、40~83センチが1~4匹上がる。クロ ダイは外海府、七浦では、30~50センチが1~8匹、前浜、小木では、30~50センチが1~3匹。メジナ、アジ、イナダも交じる。スズキは国府川、前 浜でのルアー釣りで、40~88センチが1~5匹上がり、イナダ、ワラサも掛かる。アジは前浜でのルアー、餌釣りで、20センチ前後が10~30匹。中に は35センチ前後も交じる。メバルは全島でのルアー、餌釣りで、15~20センチが1~15匹期待できる。アイナメ、アジも掛かる。

    引用 新潟日報


    【新潟県内釣り情報】の続きを読む

    このページのトップヘ

    新潟県釣り情報
    アクセスランキング