RSS

    a

    新潟市中央区の新潟西港が8日、板引き網漁の漁船で活気づいた。身の締まったヤナギガレイや旬のイシモチが冬の合間の日差しを浴びてきらめいた。
     新潟漁業協同組合によると、この冬は荒れる日が多く、なかなか漁に出られなかったという。8日は朝方こそ各地で氷点下の冷え込みとなったが、日中は春の訪れを感じさせる青空となり、海も穏やか。新潟市の沖合で今月2回目の漁に汗を流した。
     この日多く水揚げされたイシモチは1~2月が旬で、塩焼きや刺し身として味わうことができる。同組合の金子輝(あきら)さん(32)は「ノドグロに負けず劣らずのおいしさ。季節の味を楽しんでほしい」と話した。

    引用 新潟日報

    @管理人ひとこと
    新潟西港で8日に板引き網漁の漁船で活気づきました。
     結構前ですが8日は晴れ、漁師の方々は久々に漁に出たそうです。確かに今年の新潟の天候はあまり良くありませんね。雪がたくさん降ったり・・・、氷点下になったりとなかなかの天候が続きますね。その合間に晴れた日がちょうど8日で、漁に出た結果身の締まったヤナギガレイや旬のイシモチが獲れたそうです。
     冬のカレイって美味しいだろうな~って思ってましたが、イシモチ!?イシモチって新潟で獲れることを初めて知った管理人です。なんとなく太平洋とかそっち側の海で釣れるイメージでした。調べてみると投げ釣りで釣れるみたいです。知らなかった。
     イシモチはノドグロに負けず劣らずのおいしさとのことなので、見かけたら食べてみたいですね。

    1: のっぺらー ★ 投稿日:2016/02/08(月) 23:08:23.47 ID:CAP
    幻の深海魚と言われる「リュウグウノツカイ」が8日朝、新潟県佐渡沖の定置網に生きた状態でかかった。
    生きたまま捕獲されるのは非常に珍しいという。

    「リュウグウノツカイ」は8日朝、佐渡の両津湾内で内海府漁協の定置網にかかっているのが見つかった。
    「幻の深海魚」と言われるリュウグウノツカイは、全身が銀色で鮮やかな紅色の背びれや腹ひれがあり、
    押しつぶされたような平たい体形が特徴だが、詳しい生態はわかっていない。
    今回水揚げされたのは体長3.3メートル、体の幅が最大26センチあった。

    リュウグウノツカイは佐渡の海岸で海が荒れる時期に死がいが漂着することはあるが、
    生きたまま捕獲されたのは非常に珍しいという。

    内海府漁協の職員
    「実際、動いているところは、なかなか見られないので、とても貴重な体験をさせていただきました」

    このリュウグウノツカイは、新潟市の水族館「マリンピア日本海」が引き取り詳しく調べることにしている。
    http://www.news24.jp/images/photo/2016/02/08/20160208-210431-1-0004_l.jpg
    a
    以下ソース:日本テレビ 2016年2月8日 22:05
    http://www.news24.jp/articles/2016/02/08/07321940.html

    【【新潟】幻の深海魚 リュウグウノツカイ捕獲 佐渡沖】の続きを読む

    a

    <釣り情報・村上・岩船>2月5日

     野潟、板貝で30~40センチのクロダイが3、4匹釣れる。15センチ前後のカサゴが桑川で狙える。鵜泊港、寝屋港で18センチ前後のサヨリが釣れる。18~20センチのイワシが岩船港で釣れる。水温が上がる午後が狙い目。

    <釣り情報・新潟市北区・聖籠など>2月5日

     アジが新潟東港の西側や湾内の各岸壁などで釣れている。ルアー釣りやサビキ釣り で、5~20センチが10~30匹。早朝、夕方がいい。カタクチイワシ、マイワシ、コハダも交じる。メバルはルアーや餌釣りで10~20センチが1~3 匹。クロダイは消防署裏や排水口などで狙える。釣り方はダンゴ、フカセ、前打ち、夜の探り釣りで、20~40センチが1、2匹。カレイは島見や網代などで の投げ釣りで、15~20センチが1、2匹。

    <釣り情報・新潟市中央区・西区など>2月5日

     五十嵐浜ではイシガレイが釣れている。ぶっ込み釣りで、30センチ前後が多くて 2匹。餌はユムシ、青イソメがいい。角田浜では40センチ前後のクロダイが狙える。ぶっ込み釣りで、餌はユムシ。巻漁港周辺では30センチ前後のイシガレ イ、20~25センチのマコガレイが上がる。ぶっ込み釣りで、餌は青イソメ、赤イソメを使う。

    <釣り情報・寺泊>2月5日

     船釣りは、ヤリイカの群れも浅場に入って来たようだが、潮が動かなかったり、波 が高くばらしが多かったりで、胴長20~40センチのヤリイカが0~12匹と釣果はいまひとつだった。これから天候が安定すれば、数釣りも期待できる。寺 泊港周辺は、港内での投げ釣りで青イソメを餌に12~17センチのハゼが2~4匹。港内でのサビキ遠投釣りで20~30センチのサクラマスがいい人で 1~2匹釣れた。

    <釣り情報・柏崎>2月5日

     柏崎港周辺では、投げ釣りでハゼが釣れ、カレイも狙える。サビキ釣りではいい釣 果はないが、コノシロ、イワシが狙える。クロダイ釣りは、ぶっ込み釣りで38~42センチが1、2匹の釣果。探り釣りでも1、2匹の釣果。ルアー釣りは、 柿崎方面でメタルジグを使ってサワラが釣れていた。ワームなどでメバルも狙える。近海での船釣りは、サビキ釣りでイワシが釣れ、イワシを餌にソイ、ヒラメ が釣れていた。沖釣りでハチメ、ヤリイカが釣れていた。

    <釣り情報・上越>2月5日

     直江津港周辺では、サワラが釣れている。ルアーで50センチ前後が2~30匹上 がる。サビキの垂らし釣りで15~20センチのアジとコノシロが計2~20匹。投げ釣りで20~30センチのカレイが数匹。穴釣りで20センチ前後のメバ ルやアイナメ、ソイが計2~10匹。タコテンヤでマダコが数匹。船釣りは、天候によるが、水深50~70メートルでアジ、マダイ、ソイ、ウマヅラハギ、サ ワラが計2~10匹狙える。50~100メートルでイナダ、ワラサが計2~10匹。100~120メートルでヤリイカが上がる。

    <釣り情報・糸魚川>2月5日

     姫川、浦本、小泊の各港では、消波ブロック周辺の壁釣りで15センチのカサゴ、 20センチのキジハタが計5匹程度狙える。岸壁では5~10キロのミズダコが1、2匹。ヒラメは青海海岸、姫川港周辺、小泊港で40センチ前後が1、2匹 上がる。波が落ち着けば姫川、早川の両河口周辺で60センチ級のスズキが1、2匹期待できる。

    <釣り情報・佐渡>2月5日

     クロダイは小木、前浜でのウキ釣りで、30~40センチが1~4匹上がる。ア ジ、アイナメ、メジナも交じる。アジは前浜でのルアー、餌釣りで20センチ前後が10~20匹期待できる。メバル、アイナメも掛かる。メバルは全島でのル アー、餌釣りで15センチ前後が5~10匹。アジも交じる。ヤリイカは内海府、前浜で1~3匹狙える。

    引用 新潟日報


    【新潟県内釣り情報 2/5】の続きを読む

    a


    2月中の公開交通取締り

    月日曜  取締重点 昼夜別 署別 月日曜   取締重点 昼夜別 署別
    2月1日
    携帯電話 十日町 2月16日
    シートベルト 津川
    江南
    飲酒 新潟南 飲酒 新潟中央
    佐渡西 与板
    2月2日
    シートベルト 柏崎 2月17日
    シートベルト 五泉
    加茂 新潟北
    飲酒 西蒲 飲酒 新潟西
    佐渡東 小千谷
    2月3日
    携帯電話 上越 2月18日
    携帯電話 秋葉
    見附 佐渡西
    飲酒 飲酒 江南
    新発田 小出
    2月4日
    シートベルト 妙高 2月19日
    交差点関連 三条
    長岡 佐渡東
    飲酒 加茂 飲酒 新潟北
    村上 南魚沼
    2月5日
    交差点関連 新潟東 2月20日
    チャイルドシート 新潟南
    糸魚川 新発田
    飲酒 見附 飲酒 佐渡西
    阿賀野 十日町
    2月6日
    携帯電話 新潟中央 2月21日
    携帯電話 西蒲
    与板 村上
    飲酒 長岡 飲酒 佐渡東
    津川 柏崎
    2月7日
    シートベルト 新潟西 2月22日
    シートベルト
    小千谷 胎内
    飲酒 与板 飲酒 新発田
    五泉 上越
    2月8日
    交差点関連 江南 2月23日
    交差点関連 加茂
    小出 阿賀野
    飲酒 秋葉 飲酒 村上
    小千谷 妙高
    2月9日
    携帯電話 新潟北 2月24日
    シートベルト 見附
    南魚沼 津川
    飲酒 三条 飲酒 胎内
    小出 糸魚川
    2月10日
    シートベルト 佐渡西 2月25日
    携帯電話 長岡
    十日町 五泉
    飲酒 新潟南 飲酒 阿賀野
    南魚沼 新潟東
    2月11日
    交差点関連 佐渡東 2月26日
    交差点関連 与板
    柏崎 秋葉
    飲酒 西蒲 飲酒 津川
    十日町 新潟中央
    2月12日
    携帯電話 新発田 2月27日
    シートベルト 小千谷
    上越 三条
    飲酒 飲酒 五泉
    柏崎 新潟西
    2月13日
    交差点関連 村上 2月28日
    携帯電話 小出
    新潟東 新潟南
    飲酒 妙高 飲酒 秋葉
    加茂 江南
    2月14日
    シートベルト 胎内 2月29日
    交差点関連 南魚沼
    新潟中央 西蒲
    飲酒 糸魚川 飲酒 三条
    見附 新潟北
    2月15日
    携帯電話 阿賀野  
    新潟西
    飲酒 新潟東
    長岡


    新潟県警察では、この他にも県内各所において、昼夜を問わず交通事故防止のため交通指導取締りを実施しています。 交通ルールを守り、安全運転に努めてください!!

    引用 新潟県警察

    @管理人コメント
    魚釣りには車の運転が必要ですよね。交通事故のないように、安全運転を心がけて欲しいと思います。このブログをみてくださっている方が、少しでも事故や怪我がなくなるように願っています。

    a

    佐渡市は29日、小木堂釜の素浜海岸に体長約5メートルのクジラとみられる死骸が打ち上げられていると発表した=写真=。
     28日に近くの住民が見つけ、市役所に連絡した。29日に県佐渡地域振興局の担当者らが調べたが、既に死んでいた。性別や死因は不明。専門家によると、口の形が鳥のくちばし状になっているオウギハクジラとみられ、佐渡近海ではよく見られる種類だという。
     冬の砂浜に突然現れた巨体に、地元の住民もびっくり。死骸を見た農業金子敏栄さん(71)は「小木でクジラが打ち上げられるのは何度か見たことがあるが、この辺りでは10年以上なかったと思う」と驚いていた。

    引用 新潟日報

    @管理人ひとこと
    29日に佐渡市の海岸に鯨の死骸が漂着したそうです。
     漂着した鯨はオウギハクジラという鯨で、地元の方が発見して連絡したそうです。そもそもオウギハクジラってどんな鯨?って思って調べました。

    a

    オウギハクジラはハクジラ亜目アカボウクジラ科オウギハクジラ属に属する小型のクジラである。他のオウギハクジラ属のクジラと同じく不明な点が多く、生態などはあまり詳しくはわかっていない。
     オウギハクジラの体型はオウギハクジラ属としては典型的で、長く、頭部と尾部が細くなっているという特徴を持つ。頭部メロンはヘルメットのような形状である。成体の体長は少なくとも雄は5.3m、雌は5.5mである。産まれた直後の体長は2.1から2.3mほどであろう。

    漂着したのは5mあるので成体になりますね。佐渡ではよく見られる鯨らしいのでそんなに珍しくないのですね。管理人としては鯨は珍しい生き物のイメージですけどね。
     10年以上死骸が打ち上げられていなかったのにどうして今頃なんでしょうか?ちょっと気になるニュースですね。

    このページのトップヘ

    新潟県釣り情報
    アクセスランキング