RSS





    huhatudan

    2014年4月21日午後1時45分頃、新潟県上越市名立沖で上越漁協所属の漁船が底引き網漁をしていたところ、不発弾のようなものが網にかかり、同漁 協筒石支所へ届け出た。同漁協から通報を受けた上越海上保安署は22日午後、海上自衛隊に引き渡した。

    不発弾らしきものは、直江津港の北北西約14.5kmの沖合、水深120~130mから引き上げられた。弾頭部分は長さ29cmで直径最大7cm、薬きょう部分は長さ29.5cmで直径最大9.5cm、火薬部分は長さ21cmで直径7cm。

    漁船が同漁協筒石支所へ陸揚げし、上越海上保安署が監視していた。爆発の危険性はほぼないとみられるが、22日午後0時30分に海上自衛隊に引き渡した。

    上越市名立区では第2次世界大戦終結から4年後の1949年(昭和24年)3月30日、小泊の海岸に機雷が漂着して爆発し、63人が死亡、21人が負傷する事件があった。今回引き上げられたのは機雷ではないという。


    引用 上越ジャーナル

    @管理人コメント
    漁をしていたら不発弾とかかかったら怖すぎますね。
    漁師さんに怪我や自己がなくて幸いです。





    a
    1: 空挺ラッコさん部隊ρφ ★ 投稿日:2010/10/16(土) 18:36:11
     小千谷市岩沢の信濃川でこのほど、同所の高校3年生の関さん(18)が、卵が珍味の
    キャビアとして知られるチョウザメを釣り上げた。関さんは「最初は何の魚か分からず
    びっくりした」と思わぬ釣果に驚いている。

     関さんが休日の昼下がり、自宅近くの川でバス釣りを楽しんでいたところ、突然強い
    引きがあり、銀白色の体長約1メートルの魚体が姿を現した。


    【信濃川でバス釣りを楽しんでいたところ、突然チョウザメを釣り上げる…】の続きを読む



    ニコニコ動画投稿者のシラメさんの動画です。
    そろそろ新潟県内で渓流の解禁がいろいろな場所で始まってきました。
    いつもこの時期に管理人はこの動画を思い出してみています。
    管理人は全く渓流釣りはやったことがありません。
    タックルはもっていていつでも行けるよ、とか思っていますが、ウェーダーにフックの穴が・・・
    補修用のボンドも買ったのに修理もしていないので、全然つりをしてません。

    管理人には行けませんが、これから渓流釣りをする方は楽しんできてください!

    このページのトップヘ

    新潟県釣り情報
    アクセスランキング